私が変額保険を解約した理由

こんにちは、木村久美です。私は昔、変額保険に加入していたことがあります。

加入のきっかけは、マネーセミナーです。

お金のことをちゃんと学び、貯蓄を増やしたいと思っていた時に、セミナーを知り、申し込みました。

お金の基本や投資の必要性について、分かりやすい内容だったと思います。

それから個別コンサルを申込み、事務所へ足を運びました。

そこで提案されたのが、変額保険だったのです。

「お金を増やしながら、万一の時にご主人にお金を残してあげることもできますよ」と。

我が家は、主人と2人暮らしです。

「主人は会社員としてある程度稼いでいるし、今の家族構成なら死亡保障はいらない。」

と言ったものの、結局は加入しました。(苦笑)

というのが、当時、投資信託のことをよく知らなかったんですよ。

なので、

「これが一番増えてくれるんだな。」

と、変額保険を選んだというわけです。

それから数年後。

私は変額保険を解約しました。

投資信託のほうが増えることに気づいたからです。

どのくらい増えてくれるのか?

それは、変額保険のパンフレットの解約返戻金を見たらわかりますよ。


http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/OA10.pdf

運用実績を見ると、0%、3.5%、7.0%とあります。

私がコンサルを受けた時は、7.0%のシミュレーションでしたので、7.0%でお話しますね。

20年後を見てみてください。

支払う保険料は658万円です。

それにたいして、受取れる金額はいくらでしょうか?

695万円です。

たしかにお金は増えてますよね。

しかし、ここで大切なのは、本当に7.0%で増えてくれているのか?ということです。

パンフレットの事例では、毎月の保険料は、2万7440円です。

2万7440円積立して、20年後にはいくらになるのか計算してみます。


http://guide.fund-no-umi.com/tools/comp.html

すると驚きの数字がでてきました。

なんと、1400万円です。

変額保険で受取れるのはいくらでしたか?

695万円でしたよね。

その差額は、700万円以上にもなります。

いったい700万円はどこにいったのでしょうか?

死亡保障などの経費として、保険会社が持っていったわけです。

同じ運用利率でも、変額保険と投資信託では、受取れるお金がずいぶん違うということが分かりますよね。

そのため、私は変額保険は解約しました。

実は、私と同じようなケースで事務所にご相談に来られる方はいらっしゃいます。

これでいいのかな?という不安や疑問から、どう動いていけばよいのかが分からない、という方は少なくありません。

そのような方々へ、解決のアドバイスができるよう、鬼塚のもとで経験を積んでまいりました。

そしてようやく、私もコンサルを始めることができるようになりました。

不安や疑問を解消し、最適な貯蓄が始められるよう、お手伝いさせていただきます。

あなたも効率良くお金が貯められるようになりますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする