小規模企業共済と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、どちらがお得に貯められるのか?

こんにちは、木村久美です。個人事業主の方で、小規模企業共済に加入されている方がいらっしゃると思います。

税理士さんから勧められた、という方も多いのではないでしょうか。

小規模企業共済には、いくつかのメリットがあります。

まず、掛け金が全額、所得控除できます。

それに、退職金として受取ることができます。

しかし、老後に向けた貯蓄として考えた場合、このようなデメリットがあります。

予定利率がとても低いです。

たった1%しかありません。

これが、イデコだと、同じように節税できて、さらに効率よく増やすことが可能になります。

たとえば、毎月5万円積み立てたとしましょう。

20年後に、いったいいくらになるのでしょうか?

小規模企業共済だと、1330万円ほどになります。(課税所得500万円の場合)

これが、イデコで、投資信託で6%運用できると、2280万円になってくれます。

なんと、その差は1000万円近くになります。

これが分かると、イデコのほうが、効率よく貯められることがお分かりになると思います。

「じゃあ、小規模企業共済を解約したほうがいいの?」

と思われるかもしれません。

ご安心ください。

ちゃんと対処法がありますよ。^^

これで安心して、事業に専念していくことができますね。

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする