シングルマザーが入っておきたい生命保険、学資保険とは?

おはようございます、木村久美です。シングルマザーの方は、育児、家事、お仕事にと日々お忙しくされていらっしゃると思います。

その中で、もし今、自分に万一のことがあったら?と、ふと考えることがあるかもしれません。

そのようなケースに対して、子どもが安心して生活できるように、どう備えていったらよいのでしょうか?

25歳のシングルマザーで、3歳の娘がいます。

最近やっと生活が落ち着いてきたので、万が一の時を考えて、生命保険と学資保険を考えています。

どういった保険に入るのがよいのでしょうか?

 

保険商品がありすぎて、どう選んだらよいのか迷ってしまいますよね。^^

まず、国の遺族年金制度をご存じでしょうか?

あなたが万一お亡くなりになった時に、お子さまの生活を支えるための制度です。

厚生年金にご加入の場合、お子さまの口座に月13万円ほどが振り込まれます。

そこから不足すると思われる金額を、収入保障保険で補うと、保険料を抑えることができますよ。

あなたが非喫煙者でしたら、メディケア生命の「メディフィット収入保障保険」があります。

月に15万円受取れるタイプだと、月々2268円の保険料になります。^^

次に、教育資金は、いくらぐらいを目標にされていますか?

国立大学は250万円、私立だと400万円ほどが必要と言われています。

学資保険の返戻率が良いところだと、明治安田生命のつみたて学資などがあります。

その返戻率は、110%ほどです。

仮に、返戻率110%の学資保険で18歳までの14年間、400万円目標で積立てるとしますね。

すると、月2万2千円ほどの積立が必要です。

この金額の積立が可能でしたら、学資保険を選ばれてもよいと思います。

でも難しいようでしたら、ジュニアNISAも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

少額で、効率良く増やしていくことができるようになりますよ。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加