年金だけでは不安です。老後資金づくりは、つみたてNISAと個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)どっちがいい?

こんばんは、木村久美です。貯蓄を効率良く増やしていくために、今、2つの方法が注目されています。

つみたてNISAと個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)です。

このふたつの貯蓄法について、46歳会社員の方よりご質問をいただきました。

将来年金がどうなるか分かりませんので、自身で老後資金を貯めていこうと思っています。

ただつみたてNISAとイデコ、どちらを使ったらいいのか迷っています。

老後のためと考えるのであれば、やはりイデコがよいのでしょうか?

どちらを選んだらいいのか?

判断のしかたはいくつかありますが、シンプルなのは、使い勝手の良さとおトクさ、この2つです。^^

つみたてNISAはいつでも自由に引き出すことができます。

それに対し、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、60歳以降しか引き出すことができません。

老後向けにつくられた制度なので、引き出し制限があるのです。

ですが、見方をかえれば、老後資金を強制的に貯めれる、と考えることもできますね。^^

それから、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)には、こういった特徴もあります。

掛金が全額所得控除できます。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をつかえば、最低でも15%の税金がおトクになるのです。

月1万ずつ拠出すると、最低でも1万8千円の税金が安くなります。

全額所得控除できるのは、イデコならではのメリットなのです。^^

これらの特徴からどちらかを選んでもよいのですが、あるいは、併用するという方法もあります。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)1万、つみたてNISA1万という感じです。

併用すると、効率良く増やしながら、

イデコ:税金が安くなる
つみたてNISA:いつでも引き出すことができる

お互いのメリットを教授することができるようになります。^^

ということで、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とNISAで迷う場合は、

使い勝手の良さと、おトク度

このふたつを判断の目安にされるといいですよ。^^

イデコとつみたてNISAをつかった老後資金のじょうずな増やし方は、こちらを見れば分かりますよ。

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする