主人が自営業になり、収入が不安定。私のパート代で貯蓄を増やしておきたいです。

こんにちは、木村久美です。好きなことを仕事にしたい、とご主人が自営を始められる方は結構いらっしゃいます。

奥さまとしては意欲的に頑張るご主人を応援し、サポートしていきたいですよね。^^

ただ、奥さまによくよく話をうかがってみると、

「収入が不安定なので、将来へのお金の不安はあります。子どもの教育費もかかるようになるし、、。」

という不安の声があるのも事実です。

でも大丈夫です、ご安心くださいね。

今を楽しみながら、将来の安心を手に入れることができるようになりますよ。^^

では、奥さま(40歳)のパート代が月6万円、お子さんが1人、と仮定して話をすすめますね。

まとまった資金準備が必要なのは、大学資金と老後資金かと思います。

結論からいうと、どちらも投資信託を利用することで、効率良く貯めることが可能です。

ではどんな貯め方をしていけばいいのか?

さっそく見ていきましょう。^^

● 教育費

文科省の調査では、大学資金は、国立大学で250万円、私立大学で400万円ほどが必要と言われています。

すでにお子さんを大学に行かせている方からは、それ以上かかりました、と言われる場合もあります。

ただ状況にもよりますので、今回はこのデータを元にすすめていきますね。

まず、貯蓄のお金は、児童手当をつかいます。

児童手当の総額はいくらもらえるかご存じでしょうか。

198万円です。

この児童手当で投資信託を購入することで、大学資金を備えることが可能になります。

金融の世界では、投資信託を10年以上続けることで6%ほどのリターンが得られるといわれています。

すると400万円を達成することが可能になります。^^

● 老後資金

パート代から毎月3万円を投資信託にまわします。

20年間、6%複利で運用できると、1366万円ほどに増えてくれます。

1000万超えると、気持ち的に違ってきますよね。

さらに、そのお金を元手に、必要な分だけ引き出して、残りで運用を続けることもできますよ。

すると、月8万円引き出す生活を、30年間送ることが可能になります。

自営業は定年がありませんので、生涯、好きな仕事をしていくことができますよね。

ご主人の収入と年金、それにプラスして月8万円の生活を送ることができるようになるということです。^^

いかがですか?

投資信託をじょうずに活用できると、教育資金も、老後資金も、効率良く貯めれることが分かりますね。

漠然とした将来への不安を解消することができるようになります。

ほかにもこういったメリットがありますよ。

パート代はあと3万円ありますよね。

それは現金として自由に使えるお金です。

お子さんの習い事や塾代、お洋服代、外食や旅行代などなど。

日常で必要なお金から、家族でワイワイ楽しめるものまで何にでも使えます。

つまり、将来への漠然とした不安が解消できると、日常で使えるお金も明確になり、メリハリ家計生活が送れるようになるということです。^^

頑張るご主人をしっかりサポートしながら、あなたも効率良くお金を貯めていきませんか?

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする