生協の雑誌「クリム」を定期購読されている方へ

こんにちは、木村久美です。生協の雑誌「クリム」を定期購読されている方へ。

11月号は、もうご覧になられましたでしょうか?

今月号は、「フライパンだけでつくる脱マンネリ!鶏肉40レシピ」特集!

今日は何作ろう!?と悩む主婦にとって、「脱マンネリレシピ」はとても魅力的ですね。^^

変わり映えしない料理が続く我が家にとって、とても助かる1冊です。(笑)

今月号の「やっぱり気になるお金の話」というコーナーはご覧になられましたでしょうか?

56ページにあります。

今月のテーマは、個人向け国債と貯蓄型保険。

そのインタビュー記事を掲載いただきました。

この記事を読めば、あなたの状況に合った活用法が分かるようになりますよ。^^

今日は、その中の個人向け国債について、もうちょっとお話したいと思います。

個人向け国債は、3つのタイプがあるということでしたよね。

「固定3」、「固定5」、「変動10」です。

これから先、世の中の金利が上がった時に、同じように金利が上がってくれるのは「変動10」になります。

10年で少しでも増やしたいのであれば、「変動10」がいいですよ、ということでした。

実は、ほかにも、10年を目安に増やすことが可能な金融商品があります。

後半に少しだけでてくる、投資信託というものです。

投資信託は、日本の債券のほかに、外国の債券や株式なども取り入れた商品です。

外国は、日本よりも金利が高い傾向にあります。

そのため、外国のものも取り入れると、より効率良く増やしていくことが可能になります。

また、金融の世界では、投資信託で長く運用を続けると、6%ほどのリターンが得られると言われています。

その目安は10年です。

ということは、10年を目標に貯蓄を増やしていきたいなら、投資信託も候補になるというわけです。^^

それから、個人向け国債は、発行から1年経てばいつでも換金できるということでしたよね。

投資信託だとどうでしょうか?

スタートして1年以内であっても、いつでも現金として引き出すことができます。

一部を引き出して、残りで継続して増やしていくことができます。

実は、使い勝手が良い商品なんですよ。^^

もちろん、投資信託は、個人向け国債に比べるとリスクはあります。

でも、ご安心くださいね。

ちゃんとリスクをコントロールできる方法があります。

それが分かれば、安心して貯蓄を増やすことができるようになりますよ。

実際に知識ゼロから投資信託を始めた方が今どうなっているのか?

事例を参考にされてみてはいかがでしょうか。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする