NISAの金融機関を変更し、10万1482円の利益がでている運用事例

おはようございます、木村久美です。当事務所で8か月前に投資の見直しをされた方の事例です。

現在、10万1482円の利益が出ています。

以前は、北國銀行でNISAを開設し、投資信託を購入されていました。

その後、SBI証券に変更しました。

なぜ変更したのか?

その理由は大きく2つあります。

まず1つめは、ハイリスクな運用になっていたからです。

その投資信託は、日本株だけで運用される商品でした。

株だけで運用するということは、ハイリターンが期待できる反面、リスクも高くなります。

過去に、リーマンショックという、株価が大暴落した時がありました。

その時に、株だけに投資をしていた人はどうなったと思いますか?

なんと、資産が半分も減ってしまいました。

仮に1000万円投資していたら、500万円も失ってしまったわけです。

株だけに投資をするということは、それだけリスクが高いということです。

そのため、日本のほかに世界中の株式と債券に投資をする、分散投資に変更しました。

これでミドルリスク・ミドルリターンになり、安定的な収益が期待できるようになります。

そして、見直しの2つめの理由。

手数料が非常に高かったためです。

その商品は、購入時に4%、年間2%の手数料が引かれていました。

一方、見直し後の商品は、購入時はゼロ円、年間0.2%ほどです。

もし、1000万円投資していたら、最初の1年で、58万円も差が出ることになります。

手数料が低ければ低いほど、手取りは増えてくれます。

このような理由で、8か月前に、SBI証券に変更しました。

その結果、現在、100万9962円になっています。

10万1482円の利益です。

ちょっと見づらいので、総合計の部分を拡大しますね。

効率良く増やそうと思ったら、リスクと手数料を抑えることがとても大切です。

ほかにも増やすための大事なポイントがあります。

それは、こちらに分かりやすく書いていますよ。^^