独身女性の方が将来の安心を手に入れる方法

こんばんは、木村久美です。42歳独身女性の方から、このようなご質問をいただきました。

42歳独身、会社員です。

定年まで働く予定でいますが、老後を考えると不安です。

一人暮らしをしているため、家賃や生活費でなかなか思うように貯蓄ができていません。

これからどう行動していけば貯められるようになりますか?

老後は年金がもらえるわけですが、年金だけでは生活が厳しくなるともいわれています。

そのような周りの声を耳にし、不安に感じている方は、少なくありません。

ではこれからどう行動していけばいいのか?

将来の安心を手に入れるための3ステップ!についてお話していきますね。^^

家計を週単位で把握!袋分け作戦

毎日のように必要になるお金に、食費があります。

あまりお金をかけないように自炊を、と思いつつも、今日は仕事で疲れた・・ご飯作りたくな~い!という日もあったりますよね。

スーパーのお惣菜やコンビニ弁当も便利ですが、これが頻繁に続くようになると、結構な金額になってしまいます。

でもたまにはお惣菜に頼ったり、外食だって楽しみたいですよね。

そんな時は、お金の管理を、1か月でなく、1週間単位にかえてみるといいですよ。

具体的な管理の方法はこちらに書いています。

このやり方が定着すれば、食費が大きくオーバーすることはありません。

お惣菜の日、自炊の日、とメリハリがつきますし、それに合わせて自炊分を少しでも作り置きできると、仕事終わりもラクになりますよ。^^

保険の見直しをする

実は、保険をかけすぎているという方が結構いらっしゃいます。

自分はかけすぎになっていないかどうか?

死亡保険と医療保険とそれぞれで考えていきましょう。^^

まずは死亡保険からです。

万一あなたがお亡くなりになったときに、お金を残してあげたいご家族がいらっしゃれば、死亡保険に加入しておくといいと思います。

もしそうでなければ、死亡保険に加入せず、その分を貯蓄にまわすという選択肢もあります。

新入社員の頃になんとなくで加入し、そのまま払い続けているケースもありますので、一度確認されてみるとよいかもしれません。^^

つぎに医療保険です。

公的制度に、高額療養費制度があります。

ご収入によりますが、1か月入院したとしても、月8万円ほどの自己負担で済みます。

2か月だと16万円ですよね。

自己負担分をまかなえる程のお金が貯まるまでは、医療保険に加入しておくといいと思います。

また、がんや先進医療などの保障を得ておきたい場合も、加入しておくと安心ですね。

ネオファースト生命あたりだと、月3千円以下で加入できますよ。^^

強制的に貯める環境をつくる

銀行の自動積立サービスを利用します。

毎月自動で引落されるので、強制的に貯めることができます。

最近は、よく雑誌などでも「先取り貯蓄」と特集されていることがあります。

ということで、先取り貯蓄で老後資金を貯めていく方法、を一緒に考えていきましょう。^^

老後資金は、NHKの年金特集などでは、一般的に3000万円ほどが必要だといわれています。

では、65歳までに3000万円を貯めようと思ったら、毎月いくら積み立てたらいいのでしょうか?

10万9千円です。

結構な金額ですよね。^^;

一人暮らしをしていると、なかなか気軽に貯めれる金額ではないかもしれません。

そこで今注目されているのが、投資信託をつかった貯蓄法です。

投資信託は、まったくの初心者の方でも、キホンさえ理解できれば、じょうずに増やすことができるようになります。

6%複利運用ができれば、銀行預金の半分以下の積立で、3千万円の達成が可能です。

ボーナスがあれば、さらに月々の積立額をおさえることもできますよ。

いかがですか?

日々のやりくりや保険の見直しなど、トータルで家計を見直すことができれば、お金の貯め方はずいぶんと変わります。

あなたも老後の安心を手に入れることができるようになりますよ。

6%複利運用のしかたは、こちらに分かりやすくまとめています。^^