節約しながら「貯める」か「増やす」で将来こんなに違いが!?

こんばんは、木村久美です。先日テレビで、大家族ママのアイデア生活について紹介されていました。

10人という大家族を仕切るママさんは、それはもう大忙し!

限られた時間のなかで家事や育児をどうこなすか?

節約や時短アイデアが満載の内容でした。^^

その一つが、光熱費の節約術です。

大家族となれば、電気ガス水道といった光熱費も結構かかるわけです。

しかし子供たち全員が意識することってなかなか難しい、、。

そこで考え出されたのが、

「節約できた金額を子どものお小遣いにプラスする方法!」

昨年と今年の光熱費の差額を発表し、節約できた分の一部をお小遣いにプラスするというものでした。

この方法で、光熱費がぐっと抑えられるようになり、子どもたちも節約を意識するようになったそうです。

子どもたちからすると、ちょっとゲーム感覚に近いかもしれませんね。

家族でワイワイ発表しあう姿、とても微笑ましかったです。^^

では、節約術により、仮に月7千円の光熱費が浮いたとしましょう。

浮いた分を貯めていくと、10年後には、84万円になります。

結構貯まってくれますね。

では、6%複利で運用できるとどうなるでしょうか?

114万円ほどに増えてくれます。

差額は30万円にもなります。

増やす方法が理解できていると、こういった貯め方もできるわけです。

節約したお金をじょうずに増やす方法はこちらを読めばわかりますよ。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする