「家計簿をつけているのに貯蓄ができていない」場合の2つの解決法

こんにちは、木村久美です。家計簿は、何にお金を使っているのかが一目で分かりますし、家計の流れが見えてきますよね。

やりくりして、貯蓄にまわすお金が増えていくと嬉しいものです。^^

ところが、なかには、長年家計簿をつけているのに貯蓄がなかなか増えない、というご相談もあります。

ではどのようにしたら貯蓄ができるようになるのか?

解決法は2つあります。

1.携帯代などの固定費を見直す

多くのご家庭で占めている項目のひとつに、携帯代があります。

月数万円払っているご家庭もあります。

この場合、携帯代を見直すことで、お金が貯まるようになる方は多いです。

仮に月3000円カットすることができれば、年間3万6000円貯めることができますね。

新しいプランが出ていることがあるので、数年、プランがそのままという方は、シミュレーションしてみると結構安くなる場合がありますよ。

格安スマホを検討してみるのも1つの方法です。^^

また、携帯でいえば、電気料金とのセット割を利用する方法もあります。

auでんきや、ソフトバンクでんきなどがあります。

スマホなどの契約回線の数に応じて割引があったり、ポイントがお得になったりします。

ちなみに、我が家は、auでんきをつかっています。


https://www.au.com/electricity/

たとえば、1か月の電気料金が8千円だとしましょう。

すると400ポイント貯まります(プランで変わります)。

貯まったポイントは、お買いものはもちろん、毎月の携帯代に充当することもできます。

普段利用しているものに上乗せできるサービスがあれば、カンタンに見直しができますね。^^

2.貯蓄のゴールを具体的にきめる

お金がきちんと貯まっている人と、そうでない人の違いは、ここにあります。

・いつまでに
・何のために
・いくら必要なのか

が把握できているかどうか、ということです。

たとえば、

・6年後に
・車の買替え費用として
・200万円

貯めたいとしましょう。

逆算すると、毎月2万7千円ほど積立れば目標達成できることが分かります。

では、ほかの例も見てみましょう。

多くの方に共通して必要といわれるのが、老後資金です。

日経新聞やマネー雑誌では、老後資金は3000万円ほどが必要と言われています。

では、35歳から65歳までに、3000万円貯めるとしましょう。

すると毎月の積立額は8万3千円です。

結構な金額になるわけですが、毎月8万円の貯蓄ができるようでしたら問題ありません。

しかし難しい場合はどうしたらいいのか?

資産運用という方法があります。

結論からいうと、投資信託という金融商品を取り入れることで、積立額を減らすことが可能です。^^

金融の世界では、投資信託を長く続けることで、6%ほどのリターンが得られるといわれています。

すると、毎月の積立額は、3万1千円ほどになります。

ボーナスで毎年10万円上乗せできれば、積立額は月1万5千円です。

目標に見合った貯蓄が実践できるようになれば、家計簿をつけなくても貯まるようになります。

実際に、当事務所のお客さまで、過去に10年間毎日欠かさず家計簿をつけていた方がいらっしゃいました。

ところが、その方の貯蓄額をお聞きしてみると、貯蓄ゼロだったのです。

しかし今は、目標に向け貯蓄を実践した結果、家計簿をつけなくても、着実にお金が貯まっていらっしゃいます。

これまで投資信託なんて使った事ありません!という方もご安心くださいね。

こちらに書いてあることをそのまま行うだけなので、とてもカンタンですよ。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする