お金を貯めようと思ったらどんなことから始めたらいいですか?

こんばんは、木村久美です。オフ会にご参加いただいた方からのご質問です。^^

これまでほとんど貯蓄をしてきませんでした。

でも年齢を重ねてそうも言ってられません!

お金を貯めようと思ったらどんなことから始めたらいいですか?

いざ始めようと思っても、たとえば年末年始で飲み会が続いたり、可愛いお洋服やバッグを見つけて欲しくなったり、、結局、貯蓄にたどりつけない。

という方は、結構いらっしゃいます。

でも大丈夫!

とってもシンプルな方法で、ちゃんと貯まるようになりますよ。^^

そのためにはどうしたらいいのか?

貯蓄体質になるための2ステップ、をお話しますね。

まずひとつめ、強制的に貯まる環境をつくりましょう。

定期預金や財形貯蓄など、自動引落しや天引きしてくれるものを選びます。

「強制的に貯まる環境」をつくってしまうことが、貯蓄体質の第一歩です♪

2つめは、10年以内に必要なお金なのか、それ以上先に必要なお金なのか、で商品を使い分けます。

必要になる時期が、

10年以内の場合は、定期預金や財形貯蓄など
10年以上の場合は、投資信託

と使い分けると、効率良く貯めることができるようになりますよ。

なぜ10年以上先に必要なお金は、投資信託がいいのでしょうか?

たとえば老後資金を例にお話しますね。^^

老後資金は、いくらぐらい備えておけばいいと思いますか?

日経新聞やマネー雑誌などでは、3千万円ほどが必要だといわれています。

結構な大金ですよね。

仮に、3千万円を、30歳からの30年間で、定期預金で貯めるとしましょう。

すると、毎月8万4千円ほどの積立が必要になります。

では投資信託をつかうとどうなるのでしょうか?

金融の世界では、投資信託を10年以上長期で続けることで、6%ほどのリターンが得られるといわれています。

すると、毎月3万1千円ほどの積立で、達成することが可能になります。

もし毎月8万円の積立ができるのであれば、もちろん預金でOKです。

しかし老後資金だけで8万円の積立というのは、あまり現実的ではないかもしれません。

たまには美味しいものを食べに行ったり、家族やお友だちと旅行だって楽しみたいですよね。

日常を楽しみながら、将来の安心も手に入れられるようになるのが、投資信託なのです。^^

とはいえ、定期預金の金利が0.01%の時代。

6%なんてあり得るの?と半信半疑かもしれません。

しかし、6%運用の根拠が、ちゃんとあります。

それが理解できれば、どなたでも安心して投資信託をスタートできるようになりますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする