財形年金貯蓄で積立て、ほかは個人年金などの運用に回すべきでしょうか?

こんにちは、木村久美です。会社に財形貯蓄が導入されている方がいらっしゃると思います。

財形貯蓄は、給与からの天引きなので、気づいたらいつの間にか貯まっている、というのが魅力です。

その財形貯蓄について、このようなご質問をいただきました。

財形貯蓄に興味があり、始めようかと思っています。

非課税なのは550万までとの事なので、それ以上の積立は財形のメリットが少なくなってしまいますよね?

それでも貯める意味は大きいのでしょうか?

それとも、財形年金は550万くらい貯まるよう考えて積み立て、他は個人年金など他の運用に回すべきでしょうか?

財形貯蓄は、強制的にお金を貯めることができますよね。

引き出そうとしても、会社に申請しないと引き出すことができません。

銀行の定期預金よりも引き出しにくいと思いますので、その分、お金が貯まりやすいといえます。^^

しかし、今は金利がとても低いので、非課税の恩恵はわずかとなってしまいます。

そうなると、財形貯蓄にこだわらなくても、別の方法で貯めてもいいのかなぁと思います。

では、ほかに、お金を貯めながら、税金の優遇を受けられる方法ってあるのでしょうか?

探してみると、ちゃんとありますよ。^^

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、というものです。

積み立てた分だけ、所得税と住民税をお得にすることができます。

たとえば月2万円の積立てをするとしますね。

すると、最低でも、所得税が1万2千円、住民税が2万4千円ほど安くなります。

税金の戻り分を利率に換算すると15%です。

つまり、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で積立てをすれば、最低でも15%のリターンが得られる、と考えることができるわけです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、定期預金などの元本保証型と、投資信託の元本変動型から選べます。

定期預金でもこのメリットが享受できるということです。

財形年金よりおトクに貯めることができそうですね。^^

運用をお考えということでしたら、投資信託で効率良く増やすことも可能です。

投資信託は長く続けることにより、6%ほどのリターンが得られると金融の世界でいわれています。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)だと、その利益にたいする税金はゼロ円です。

仮に、月2万円の積立を20年間つづけるとしますね。

すると、911万円ほどになってくれます。

通常は、そこから86万円ほどの税金が引かれます。

しかし個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を使えば、86万円が受取れるということです。

また、長くなるのでここでは簡単に言いますが、受取る時も、税金の優遇が受けられます。

つまり、イデコはお金を貯めながら、全額所得控除でき、運用中も、受取る時も、税金の優遇を受けることができるわけです。

ただ、引き出し制限はあります。

引き出すことができるのは、60歳以降になります。

しかし強制的に貯めれるという意味では、財形年金と同じです。

財形年金をお考えでしたら、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も検討されてみてはいかがでしょうか。^^

イデコの上手な活用法は、こちらに分かりやすくまとめていますよ。