なんとなく貯金をしてきたけど、これからは目標を立てて貯蓄を増やしていきます

こんばんは、木村久美です。お金が貯まっている人には、ある共通点があります。

何のために、いつまで、いくら必要なのか?

きちんと目標が決まっているということです。

目標を明確にして、それにあった金融商品を選べば、しっかり貯められるようになります。^^

今までなんとなくで貯金をしてきました。

でも、お話を聞いて、目標を立てることの大切さを考えさせられました。

教わった方法で貯蓄を始めようと思います。

とても分かりやすかったです。ありがとうございました(*^^*)

以前、セミナーを受講いただいた方からのご感想です。

では、具体的に、どのように目標を立て、どう実行していけばよいのか?

たとえば、多くの方に必要といわれているものに、老後資金があります。

老後資金は、よく新聞やマネー雑誌などで、3000万円ほどが必要と書かれています。

仮に、35歳の方が、60歳までに3000万円を貯めよう!と決めたとしましょう。

その目標を達成するために、どんな金融商品を選べばよいのか?

まず、皆さんになじみのある、銀行預金でみてみましょう。

銀行預金だと月10万円の積立で達成できます。

なんだかあまり現実的な金額とはいえませんね。^^;

では、もっと効率的に貯めれる方法はないのでしょうか?

探してみると、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、という方法にたどりつきます。

金融の世界では、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を上手に活用できると、6%のリターンが得られるといわれています。

すると、月4万5千円の積立で、目標達成が可能です。

夏冬のボーナスで10万円ずつ上乗せできれば、月々の積立額は3万円です。

このようにどの商品を選ぶかで、積立てるお金もずいぶんと違ってくるわけです。

ただし、これはあくまでも一例です。

人によって、目標金額や、貯めるべき期間は異なります。

「私の場合はどうしたらいいの?」

という疑問やお悩みはこちらで解消いただけますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする