扶養内の主婦の方は、特定口座を「源泉徴収あり」にしておけば安心です。

こんばんは、木村久美です。扶養内の主婦の方が証券口座を開設するときは、ここを要チェックです。

なかに、特定口座、という欄が出てくると思います。

特定口座というのは、証券会社の普通口座のことをいいます。

その特定口座には、2つの種類があります。

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」です。

実は、扶養内の主婦の方にとって、どちらを選ぶかがとても重要になります。

もし「源泉徴収なし」を選ぶと、どうなるのか?

給与以外の所得が20万円を超えると、確定申告が必要になります。

それに、利益が増え続けると、扶養を外れることになってしまうのです。

さらに、国民健康保険料も上がることになります。

これでは困ってしまいますよね。

この時に「源泉徴収あり」にすれば、その心配はいりません。

どれだけ利益がでても扶養を外れる必要はない、というわけです。^^

ほかにも、初期設定などで、つまづきやすいポイントがいくつかあります。

「初回ログインでよく知らない言葉が出てきた!」

「証券口座にどう入金したらいいの?」

「積立の設定がよく分かりません。」

このようなご質問は、結構あります。

でも、ご安心くださいね。

コンサル時に図解入りのテキストをお渡ししております。

よくご質問いただく内容を、詳しく載せています。

これで、ご自身で安心して口座を開設することができるようになりますよ。

コンサルは、現在、受付をしておりません。

しかし、近日に開始する予定です。

募集開始が決まりましたら、専用フォームにご登録いただいた方に、優先案内させていただきますね。

優先案内についてブログで何度かお伝えさせて頂いておりますが、早速、ご登録をいただいております。

ありがとうございます。^^

これで最短で資産運用を始めることができますよ。

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加