音楽サロンの講師が3000万円貯める方法

こんにちは、木村久美です。音楽サロンの先生は、レッスンで日々お忙しいことと思います。

また、発表会や子どもたちとのイベントなど、音楽の楽しさを広めるためにやりたい事ってたくさんあるのではないでしょうか。^^

そんな中、将来への漠然とした不安はあるものの、なかなか老後資金について考える機会がない、という話を耳にすることがあります。

あなたは、今、老後に向けて貯金をしていますか?

では、老後の生活費って、いくら必要なんでしょうか。

約3000万円といわれています。

お1人でもご夫婦でも、同じ3000万円が必要です。

では、3000万円達成するために、毎月いくら貯めていけばよいのでしょうか?

年代別にみてみましょう。

30歳…8万3000円
40歳…12万5000円
50歳…25万円

この金額の積立ができれば、3000万円貯めることができます。

かなりな額ですよねぇ、、^^;

積立以外に、毎月、家賃や食費、光熱費がかかりますよね。

子どもがいれば、塾や習い事、大学資金の積立などもあるわけです。

たまには、家族や友人と旅行だって行きたいですよね~。^^

では、この金額での積立が難しい場合は、どのような方法があるのでしょうか?

それは、外貨を活用する、というものです。

外貨と聞くと、難しく感じるかもしれませんが、実は、カンタンですよ。^^

外貨は、文字通り外国の通貨のことです。

米ドル、豪ドル、ユーロ、英ポンド、などがあります。

それらの外国の通貨は、日本よりも金利が高いため、円とくらべるとお金が増えてくれる特徴があります。

では、その外貨を使った商品って、どんなものがあるのでしょうか?

たとえば、外貨預金、外貨建て終身保険、投資信託、などがあります。

実は、この中のある商品を使うと、月々の積立額がこのようになります。

30歳…3万1000円
40歳…6万6000円
50歳…18万円4000円

銀行預金とくらべると、積立額がずいぶんと少なくなりましたね。

ほかの資金を、教育資金や住宅ローン返済、旅行資金にだって使えるわけです。

生活の送り方がずいぶんと変わってきそうですよね。^^

そんな効率の良い貯蓄方法が学べる、音楽家のためのセミナーを、5月に開催いたします。

漠然とした将来のお金への不安がなくなると、音楽のお仕事に、より専念できますね。

セミナー詳細については、このブログに書いていきますね。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加