40代のおすすめの貯金方法

こんにちは。木村 久美です。

40代の独身女性より、老後資金の準備についてご質問です。

老後に備え、年に120万ほど貯蓄しております。

それとは別に、個人年金をかけており、60歳で700万ほど入る予定です。

退職金は無いものと考えています。

この他に、確定拠出型年金も考えています。

60歳までは引き出せないそうですが、普通に貯蓄するよりもいいらしいですし…。

あるサイトでは、老後に億が必要、と書かれていました。

それには絶対手が届きませんが…こんな感じで、老後は大丈夫でしょうか…?

 

こつこつと貯蓄されていらっしゃるようですね。^^

今、毎月の生活費がどれくらいなのかによって、老後にどれくらい必要なのかは変わってきます。

まず、60歳から、女性の平均余命88歳の28年間、で考えてみましょう。

例えば、毎月の生活費が20万円だと、28年間で、6720万円です。

仮に、年金支給額を月14万円とした場合、65~88歳までの23年で、3864万円受け取れます。

そうなると、差額の2856万円が不足する、ということになります。

今の生活費をもとに、どれくらい必要なのかが見えてきますよね。^^

また、確定拠出型年金は、掛金が全額、所得控除になりますし、個人年金保険の保険料控除よりも、控除額が大きくなります。

ただ、おっしゃるように、60歳までは引き出せませんので、確定拠出型年金に併せて、投資信託で積立をする方法もあります。

投資信託であれば、いつでも引き出すこともできますし、運用しやすいのではないでしょうか。

運用方法を上手く使い分けて、効率良く増やす方法は、こちらです。^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です