財形貯蓄を始めようと思っています。550万を目途に積み立て、ほかは個人年金など運用にまわすべき?

こんにちは、木村久美です。福利厚生の一環として、財形貯蓄が会社に導入されている場合があります。

なかでも、財形住宅と財形年金に関しては、合計して550万円までの利子が非課税になります。

給与天引きで自然と貯まりますし、利用されている方は結構いらっしゃるようです。

財形貯蓄を検討されている方から、このようなご質問をいただきました。

財形貯蓄を始めようと思っています。

非課税なのは550万円までとの事なので、それ以上の積立はメリットが少なくなるんですよね?

それでも貯める意味は大きいのでしょうか?

それとも財形年金は550万円を目途に積立て、ほかは個人年金などの運用にまわすべきでしょうか?

財形年金貯蓄をお考えですね。

自由に引き出すことができない分、老後資金を確実に貯めることができますね。^^

ただ、残念ながら、今はものすごく金利が低いです。

そのため、非課税の恩恵をほとんど受けることができません。

あるいは、老後資金としてお考えなら、このような方法もありますよ。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)というものです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の中身は大きく3つあります。

定期預金、個人年金、投資信託です。

元本保証の場合は定期預金や個人年金、増やしていきたい場合は投資信託で運用します。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の最大の特徴は、積み立てた分だけ、所得税と住民税をおトクにできるということです。

たとえば、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で月2万円積立てをするとしますね。

すると、最低でも、所得税が1万2千円、住民税が2万4千円ほど安くなります。

税金の戻り分を利率に換算すると15%です。

つまり、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で積立てをすれば、最低でも15%のリターンが得られる、と考えることもできるわけです。

元本保証を選んでもこのリターンが得られるわけですから、ものすごくおトクですよね。^^

それから、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、老後資金向けなので60歳まで引き出すことはできません。

しかしその意味では財形年金も同じです。

財形年金をお考えでしたら、お得に貯めれる個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も検討されてみてはいかがでしょうか。

イデコで効率良く増やしたいならこんな方法がありますよ。^^