「こんなに安くなるの!?」家計がラク~になる保険がすぐに見つかる方法

こんばんは、木村久美です。保険は、貯蓄型と掛け捨て型と2つのタイプがあります。

このうち、貯蓄型に加入しているという方は、実は結構いらっしゃいます。

死亡保障に貯蓄機能もついて、おトク感がありますよね。

しかし、貯蓄型保険には、ある大きなデメリットがあります。

生活の変化に柔軟に対応できないということです。

人生というのは、いつ、何が起きるのか予測することはできません。

ある時から、生活が大きく変わることも、あります。

転職したり、病気で仕事を辞めることになったり、親御さんの介護をしたりなど。

すると、これまで出来ていた貯蓄が、難しくなることがあります。

しかし貯蓄型保険は、積立額の変更や停止が自由にできません。

やむをえず解約となれば、大きく元本割れしてしまいます。

これだと何のために利用してきたのかが分からなくなりますよね。

生活の変化に柔軟に対応できないというのは、大きなリスクといえます。

そのため、掛捨て型で必要な保障を得て、貯蓄は解約リスクのない方法にしておけば、そのような心配はいりません。

では、掛捨て型保険は、どこを選べばいいのか?

保険会社ってたくさんありますので、中立な情報をご自身で探すのは大変かもしれません。

でもご安心ください。

このツールがあれば、最適な保険が、スグに見つかりますよ。^^

左から保険料が安い順にならんでおります。

このツールがあれば、あなたのご家庭に最適な保険が、カンタンに、見つかります。

たとえば、30代男性で、死亡保障に医療、がん保険とすべての保障で、1万円を大きく下回っているケースもあります。

保険料を何万も払っている場合は、この見直しで、家計がずいぶんとラクになりますよ。

最強コスパの保険はこちらでお伝えしております。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする