ドル建て保険についている死亡保障、それで家族は本当に安心できますか?

こんばんは、木村久美です。貯蓄の中身を見せていただくと、貯蓄型保険に加入されている方がけっこういらっしゃいます。

なかでも、最近は、ドル建て保険に加入しているケースが増えています。

メットライフ生命のドルスマートなどが人気があるようですね。

ドル建て保険は、ドルで増やしながら、万一お亡くなりになった時の保障を得ることもできます。

しかし、あくまでも、保障はドルです。

多くの方は円で受け取りたいのではないでしょうか。

円で受け取るときは、為替の影響を受けることになります。

つまり、いつお亡くなりになるかによって、受け取れるお金が増えたり減ったりする、ということです。

実は、為替の変動というのは、ものすごく大きいです。

10%や20%の変動なんて、しょっちゅう起こります。

そんな不安定な保障で、本当に大丈夫ですか?

保険は、万一のことがあっても、家族が安心して暮らせるように加入するものです。

そのためには、まず、必要な死亡保障の金額をきちんと計算してみられるといいですよ。^^

たとえば、収入保障保険であれば、必要な保障をカバーしながら、保険料を安く抑えることが可能です。

一方、貯蓄に関しては、外貨を取り入れたほうが、お金は増えてくれます。

ただ、取り入れるなら、ドルだけでなく、ユーロやフランなど、出来るだけ多くの外貨を持っておけるといいです。

多くの外貨を持つことで、リスクの分散効果が働いてくれるようになります。

「でも、そんなに多くの外貨を持つなんて現実的に無理!」

と思われるかもしれません。

いえいえ大丈夫です。^^

この方法なら世界中の通貨で効率良く増やすことができるようになりますよ。