障害を持つ子供もいる家庭の老後資金などのお金の不安が随分減りました

こんにちは、木村久美です。障害のあるお子さんをお持ちの親御さんは、お子さんが成人した後も、親としてできるだけのことをしてあげたいと思われるのではないかと思います。

健康や精神面のサポート、そして金銭面などいろいろあると思います。

一方、お子さんが成人した後は、ご自身の老後の備えについて考え始める方も増えてきます。

子どものこと、そしてご自身の将来への不安を、どう解消すればいいのか?

個別相談を受けられた方の感想をご紹介させていただきますね。

久美さん

この度は初めてのコンサルを親身に丁寧にありがとうございました。

私は病気休職中の50代パート主婦です。

夫が10数年前に転職した時の退職金があるものの、うまく運用出来ないままで、当時大手銀行に勧められた運用もよくわかっていない状態でした。

私は復職を目指しリハビリを頑張ってはいますが、今の妻の私の収入が激減した状態で焦らず療養するためにもとコンサルをお願いしました。

「お金に働いてもらいましょう(^-^)」

久美さんのコンサルは分かりやすく、手持ちの多少の資金を最大限に生かす方法のヒントをいただけました。

肩の力が抜けました。

実際の運用は、これから自分達夫婦で考えることで、パニクる気もしますが(と言っても初めての口座開設などにかな?)、

成人したとは言え障害を持つ子供もいる家庭の老後資金への不安が随分減りました。

しばらくはお金にしっかりと働いてもらうことを、コンサルでアドバイスいただいた方法で考えながら、焦らずに療養することを考えられそうです。

親身のコンサルをありがとうございました。

奥さまは休職中で収入が減ったことにより、このままでいいのだろうか、何か行動に移したほうがいいのではないか、とさまざまなお気持ちが交錯されていました。

そこでまず、どんなことに不安を抱いていらっしゃるのか、1つずつお話を伺いました。つぎに、

・いつまでに
・何のために
・いくら必要か

今後の目標について、一緒に整理し、書き出していきました。

その中で、今保有している金融商品を継続したほうがいいのか解約したほうがいいのかをそれぞれ試算。

目標に対する適切な貯蓄法を提示させていただきました。

「今何をすべきか」

が明確になれば、あとは行動に移すのみです。

これでモヤモヤを解消することができますね。^^

それからお子さんも一緒に個別相談を受けていただきました。

資産運用のしかたが理解できていれば、結婚、出産、老後など、その時々で適切な貯蓄がご自身でできるようになります。

ライプイベントに応じてすんなり対処できるようになれば、親御さんも安心です。