ダックス犬の急な入院!これだけの費用がかかりました。

こんにちは、木村久美です。うちには、ミニチュアダックスがいます。

15歳7か月、おじいちゃん犬です。^^

これまでヘルニアになったことはありますが、大きな病気はしたことがありません。

ところが、先週、体調が急変しました。

足は脱力し、目振が止まらなくなり、体が硬直し始めたんですよ。。

診察の結果、「突発性 前庭(ぜんてい)症候群」とのこと。

老犬に多くみられる、内耳からくる病気のようです。

即入院し、投薬治療が始まりました。

それから次第に落ち着き、5日間の入院を経て、今週無事退院することができました。^^

血液検査で他もひっかかっているので、内服治療は続けていきます。

でも、また家で一緒に過ごすことができ、嬉しいです!

さて、今回の診療代はというと、、

44350円でした。

思っていたよりかからなかったな、というのが正直なところです。^^;

経験されている方はお分かりだと思いますが、会計時まで、いったいいくらになるのか予測できませんよね。

全額自己負担なので、、。

でも、家族の一員であるペットには、いくら費用がかかっても元気になってもらいたいと思うものです。

その精算時に、ペット保険の広告が近くに貼ってありました。

可愛いペットのため、安心を手に入れるために、加入される方もいると思います。

しかし、私はペット保険に加入していません。

なぜ加入していないのか?

その理由は、こちらに書いていますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする