将来の年金が不安です。個人年金と純金積立、どちらがいい?

おはようございます、木村 久美です。少子高齢化が進み、これからもらえる年金が減る可能性がでてきています。

そのため、自身で少しでも備えたいという声も、増えてきているようです。

今、40歳で夫婦ふたり暮らしです。

私たちが年老いた時にもらえる年金だけで、生活ができないのではと不安になっています。

そこで今している銀行積立のほかに、個人年金保険を始めようと思っています。

でも色々調べているうちに、純金積立もいいのかな?と思うようになり、、。

まずは、どちらかで毎月3万円から始めようと思っています。

どこにポイントを置いて決めていったらいいですか?

 

積立ての商品って、たくさんありますよね。

探すほど分からなくなる、という方も少なくありません。

老後資金は、約3000万円が必要といわれています。

これからの約20年で、どう効率良く増やせるか、がポイントです。^

まず、純金積立をみてみましょう。

実は、この商品は、利息がついてくれません。

それは、世界的に有名な投資家の言葉にもあります。

「1オンスの金を永久に持ち続けたとしても1オンスのままである

なので、増やすというよりは、「資産として保有」するものになります。

お金を増やすことが目的だと、ちょっと違ってきますよね。

では、個人年金保険はどうでしょうか。

返戻率は、110%ほどになります。

積立てたお金720万円に対し、受け取れるお金は、790万円ほどです。

今の銀行積立と合わせて、目標に足りるようでしたら、選択肢として良いのではないでしょうか。

でも、足りないようでしたら、こちらも候補にあがります。

確定拠出年金というものです。

6%で上手に運用できると、1370万円ほどに増えてくれます。

同じ3万円の積み立てでも、こんなに差がでてくるんですね。

ちなみに、年2回、ボーナスで10万円ずつ足していくと、2870円ほどになります。

この運用で、3000万円に届きそうですよね。

老後の目標金額に届くかどうかで、商品を選ばれてみてはいかがでしょうか。^^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加