明治安田生命のかんたん未来計画、評判はどうなの?

こんにちは。木村 久美です。老後資金を貯めたい、と銀行に相談に行くと、すすめられる商品があります。

個人年金保険です。

銀行預金よりも増やしたい場合に、候補になる商品です。

個人年金保険の加入を検討されている方から、このようなご質問をいただきました。

老後に向けて貯蓄をしたいと考えています。

銀行の窓口で、明治安田生命のかんたん未来計画、という個人年金保険の加入を勧められました。

将来に向けての貯蓄が確実に出来るという点は魅力的です。

でも、保険に関しての知識がほとんど無いので、今すぐに入らなければならないのか?と悩んでしまいました。

かんたん未来計画に加入するメリット、デメリットって何ですか?

他におすすめの個人年金保険会社があれば、教えてください。

それでは早速、明治安田生命のかんたん未来計画のメリット、デメリットについて検証していきましょう。

ここがポイント!明治安田生命のかんたん未来計画のメリットとは?

おっしゃるように、毎月の自動積立で、貯蓄が確実に出来るのが、1つのメリットですよね。

また、個人年金保険料控除が使えるので、所得税や住民税が安くなります。

税金がどれくらい安くなるのか、それは、課税所得で違ってきます。

たとえば、課税所得が300万円の場合、税金が6800円安くなります。

強制的に貯めながら、税金までおトクにできるのが、かんたん未来計画のメリットといえます。^^

知らないでは済まされない!明治安田生命のかんたん未来計画のデメリットとは?

デメリットは、大きく2つあります。

まずひとつめは、途中で解約すると、大きく元本割れする可能性があるということです。

もちろん、「老後まで絶対に解約しない」と心に決めて、契約をされることと思います。

しかし、人生はいつどんな事が起きるのか、わかりません。

急に家族が入院することになったり、あるいは、親の介護が必要になったり、一時的にまとまったお金が必要になる可能性もあるわけです。

そのような時に解約してしまうと、せっかく貯めてきたお金がマイナスになるわけです。

ふたつめは、保険会社の破たんリスクです。

保険会社が破たんした場合、支払った保険料よりも戻ってくるお金が、大きく減ってしまう可能性があります。

過去にリーマンショックがあった時に、大和生命が破たんしました。

その後、ジブラルタ生命が引き継いでいます。

しかしその時、貯蓄型保険は、最大で43%も削減されてしまいました。

もし200万円で契約していたら、114万円しか戻ってこない、ということです。

にもかかわらず、保険料はこれまでと同じ金額を払い続けなければなりません。

それは、ほかの保険会社も同じです。

保険で貯蓄をする場合は、これらのデメリットを理解しておくことが必要です。

老後資金を貯めたいなら、ほかの選択肢も候補にあがります。

それは、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)というものです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とはどんなものなのか?

一緒にみていきましょう。^^

かんたん未来計画よりも効率良く増えてくれる!?個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)ってなに?

少子高齢化の影響で、将来もらえる年金は減る可能性があるといわれています。

今の生活レベルを極端に落とさないようにするには、それなりに貯蓄をする必要があるわけです。

「自助努力で貯めてもらう代わりに、税金をお得にしますよ。」とつくられたのが、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)という制度です。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をつかえば、破たんリスクを心配する必要がありません。

もし、金融機関が破たんしたとしても、積み立てたお金は、全額守られる仕組みになっています。

そして、掛けたお金が全額所得控除されます。

仮に、課税所得300万円の方が、毎月2万円積立てるとしましょう。

すると、4万8千円も税金が安くなります。

かんたん未来計画だと、いくら安くなったでしょうか?

6千8百円です。

全然違いますよね。^^

それから、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の中身は、定期預金、個人年金保険、投資信託の、主に3つの商品から選ぶことができます。

定期預金や個人年金保険を選んでも節税メリットは得られますが、投資信託を選べば、さらに効率よく増やすことが可能です。

では、かんたん未来計画のパンフレットに載っている事例で比較してみましょう。

パンフレットでは、月3万円で25年間積立、その後10年間据え置き運用、とありますよね。

払込保険料は、900万円になります。

65歳時の一括受取金は1085万円、その返戻率は、120.6%です。

では、投資信託で同じように運用したとしましょう。

仮に、6%で35年間運用した場合、3650万円ほどになってくれます。

なぜこのように増えてくれるのか?

運用期間が長くなるほど、複利の効果が大きく働いてくれるからです。

投資信託は投資なので、もちろん、リスクはあります。

しかし、そのリスクは上手にコントロールすることが可能です。

それがきちんと理解できれば、安心して投資ができるようになります。

難しそうに感じるかもしれませんが、ご安心ください。^^

ここに書いてあることをそのまま実行するだけなのでカンタンですよ。