明治安田生命のかんたん未来計画、評判はどうなの?

こんにちは。木村 久美です。老後資金を貯めたい、と銀行に相談に行くと、すすめられる商品があります。

それは、個人年金保険です。

今回は、すすめられた個人年金保険の加入を検討されている方からのご質問です。

老後に向けて貯蓄をしたいと考えています。

銀行の窓口で、明治安田生命のかんたん未来計画、という個人年金保険の加入を勧められました。

将来に向けての貯蓄が確実に出来るという点は魅力的です。

でも、保険に関しての知識がほとんど無いので、今すぐに入らなければならないのか?と悩んでしまいました。

個人年金保険に加入するメリットって何ですか?

他におすすめの個人年金保険会社があれば、教えてください。

 

おっしゃるように、毎月の自動積立で貯蓄が確実に出来るのが、1つのメリットですよね。

他に、個人年金保険に加入するメリットとしては、個人年金保険料控除が使えます。

所得税や住民税が安くなります。

また、定期預金と比べると、返戻率が高いです。

しかし、デメリットも2つあるので、注意が必要です。

もし、途中で解約するような状況になった場合、元本割れする可能性が高いです。

また、保険会社の破たんリスクもあります。

破たんした場合、支払った保険料よりも戻ってくるお金が、ずいぶんと減る可能性もあります。

他の個人年金保険会社もメリットデメリットは同じで、返戻率もさほど大きくは変わりません。

このような特徴から、加入を検討されてみてはいかがでしょうか。

ただ私は、こちらのパンフレットに載っている受取金を見て、比較対象としてお伝えしたいものがあります。

それは、確定拠出年金です。

パンフレットでは、月3万円で25年間積立、その後10年間据え置き運用する、とあります。

払込保険料は、900万円になります。

65歳時の一括受取金は1085万円、その返戻率は、120.6%です

ではここで、確定拠出年金で同じように運用したとしましょう。

すると、6%で35年間運用した場合、3650万円ほどになってくれます。

運用期間が長ければ長いほど、複利の効果が大きく働いてくれます。

その結果、これだけ増えてくれる、というわけです。

この確定拠出年金は、投資信託で運用することになります。

そのため、もちろん運用のリスクはあります。

しかし、そのリスクを理解し、長期運用を正しく理解することで、人生の大きな味方となってくれます。

あなたは、個人年金保険と確定拠出年金、どちらで増やしていきますか?

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加