積立する気で銀行に行ったら、個人年金などの違う商品をすすめられました。

こんにちは、木村久美です。銀行の窓口に行ったときに、思っていたものと違う商品をすすめられる話は少なくありません。

そこで、このように言われることがあります。

「定期預金よりも利率が高いですよ。」

その言葉に、気持ちが揺らぎそうですよね。^^

このような時、どう判断していったらよいのでしょうか?

積立する気で銀行に行ったら、個人年金での積立をすすめられました。

定期預金よりも戻ってくる金額が高いんですが、最低10年払わないといけないそうです。

10年払い続けることができるか不安はあります。

ほかに、ドル建ての貯蓄保険もすすめられました。

それで結局迷ってしまい、何も申込せずに帰ってきました。

どう選んでいったらよいのでしょうか(><)??

あなたの本来の目的からいくと、銀行の積立定期で充分ではないかと思います。

なぜなら、すすめられている商品には、大きく3つのデメリットがあります。

1つは、保険会社の破たんリスクがあります。

リーマンショックの時期に、いくつかの保険会社が破たんしました。

なんと、その時に資産が半分も減った方がいます。

1000万円持っていたら、500万円に減ってしまうということです。

普通、耐えられないですよね。

破たんは、いつ起こるか分からない、大きなリスクといえます。

次に、為替リスクです。

ドル建てなどの外貨建て商品は、為替が円高に進んでしまうと、大きく損失がでてしまいます。

日々の為替の動きで不安になるようであれば、このような外貨での貯蓄はおすすめしません。

最後に、途中で解約することになれば、元本割れする、ということです

このようなリスクを理解したうえで利用するには、問題ありません。

しかし、よくわからないまま利用して、気づいた時には貯蓄が減ってる!なんてことにはなりたくないですよね。^^

どんな商品をすすめられても判断できる知識をつけていくには、こちらが参考になりますよ。^^