メットライフのドルIS終身保険を考えています

こんにちは。木村 久美です。

29歳独身男性より、老後資金の貯め方についてご質問です。

最近、なんとなく老後を考え始め、調べているところです。

そんな中、知人が、メットライフのドルIS終身保険に入っており、興味を持ちました。

月3万くらいを10年で払込みするようです。

デメリットとしては、為替リスクや途中解約したとき損する、10年間毎月3万払わなければいけない、という感じでしょうか。

その他、投資信託や確定拠出年金も知りました。

でも、投資信託は、複雑で良い商品悪い商品がわからず避けてます。

拠出年金は言葉を知ったくらいです。

基本的に、個人年金と保険は解約しないつもりでいます。

貯金しているなら3万くらいは運用してみたいという考えです。

1、現状のまま貯金
2、ドルIS終身保険
3、投資信託
4、拠出年金

自分の場合、どれを選ぶのが良いと思われますか?

 

今のご年齢から老後のお金を意識され、しっかりなさっていると思います。^^

メットライフのドルIS終身保険は、円建てよりも高い金利で運用されているため、貯蓄商品として注目されています。

しかし、おっしゃるようなデメリットもあります。

また、保険会社の破たんリスクもありますよね。

ここで、積立利率についてみてみましょう。

積立利率3%となっていますが、「3%で増える」と思っている方が意外に多いです。

一度、解約返戻金表を見て、電卓をたたいてみて下さい。

あまりの金額の低さに、びっくりしませんか?

実際はそれほど増えない、ということがお分かりいただけると思います。

老後のお金を効率良く貯めていきたい場合は、投資信託と確定拠出年金の併用がよいのではないでしょうか。

確定拠出年金は、まだ、あまり聞き慣れないかもしれません。

しかし、税金面で、とても優れている制度ですよ。

お勤めの会社に、導入されているかどうかお尋ねになるのが、一番確実だと思います。

もし会社で導入されていない場合は、個人型というものに加入できます。

この場合、月の上限が2万3千円まで積立でき、年間で、最大27万6千円所得控除できますよ。

たとえば、今ご利用の個人年金と、どれくらい税金が安くなるか比較してみましょう。

仮に、所得税10%としますね。

ご利用の個人年金は、年間6800円税金が安くなります。

一方、確定拠出年金では、55200円も安くなります。

大きな節税効果ですよね。^^

仮に、確定拠出年金で月2万3千円、投資信託で7千円をそれぞれ6%で運用したとしますね。

そうすると、30年で2940万円ほどになってくれます。

確定拠出年金は60歳まで引き出せませんが、投資信託はいつでも引き出せます。

そのため、車の購入代や、急な出費などでも、引き出しながら運用を続けて増やしていくことも可能です。

それぞれのメリットで使い分けて、効率的に増やしていかれてみてはいかがでしょうか。

お若いうちから長期で運用を続けるほど、時間が味方になってくれます。

運用商品の選び方は、こちらが参考になりますよ。^^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加