夫婦共働きで、来年は2人目の子供を考えています。終身保険はどのように考えたらいいですか?

こんばんは、木村久美です。結婚して家族が増えるタイミングで、保険の見直しをする方がいらっしゃるのではないでしょうか。

必要な保障は、皆さんそれぞれで違ってきます。

そのため、どのように決めていったらよいのか迷う方は多いです。

今回は、ある共働きご夫婦から、このようなご質問がありました。

現在子ども1歳、夫は会社員で年収470万、妻も会社員で年収350万です。

(妻は時短勤務のためこの年収ですが、フルタイムで勤務の場合は420万程です)

来年には2人目を考えています。

このような場合、夫と妻の終身保険はいくら程あれば良いのでしょか。

終身保険は、死亡後の家族の生活費と子どもの学資を考えています。

現在保険相談に通っており、終身保険の見直しをしているので金額に悩んでいます。

夫は収入保障月18万の物には入っています。

貯蓄は400万で(色々あり貯蓄が一気に減ってしまったところです涙)、現在はアパート住まいですが後々は住宅購入を検討しています。

 

これからのライフプランのために、しっかり保障を備えて、貯蓄も効率よく増やしていきたいですよね。^^

まず、ご主人の死亡保障からみていきましょう。

ご主人が万一お亡くなりになった場合、公的保障として、遺族厚生年金が受取れます。

お子さまがお2人だと、奥様の口座に、月14万円ほどが振り込まれることになります。

そこから不足する生活費として、月18万円の収入保障保険に加入されていることと思います。

この収入保障保険で生活がまかなえるので、ご主人の終身保険はなくてもよいのではないかと思います。

次に、奥様の死亡保障です。

奥様が万一お亡くなりになり、父子家庭となった場合、ご主人が受取れる遺族年金は大きく減ってしまいます。

月10万円ほどになります。

その遺族年金とご主人のご収入で、生活がまかなえるのであれば、終身保険は加入されなくてもよいと思います。

もし、保険での備えが必要でしたら、終身保険でなく、収入保障保険にしたらよいですよ。^^

最後に、お子さまの教育資金についてです。

お子さまに必要な教育資金は、1人あたり400万円といわれています。

お2人だと、800万円が必要ですね。

今の終身保険の返戻率でいくと、月3万4000円ほどの積立が必要となります。

また、今後家を購入するとなると、住宅ローンが発生しますよね。

その分の貯蓄も考えると、毎月この金額での積立が難しいとお感じになるかもしれません。

その際、お子さまの教育資金を効率良く貯蓄をしていくために、ジュニアNISAを使うという方法もありますよ。

ジュニアNISAを活用できると、お子さま2人で2万2000円ほどの積立でよくなります。

児童手当でまかなえる金額ですよね。

終身保険とくらべると、積立額が、毎月1万2000円ほど減ります。

その分を住宅ローンの返済に充てることもできますよ。^^

ジュニアNISAの活用法は、こちらで具体的にまとめていますよ。

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加