急激な株安円高、大丈夫でしょうか?

こんにちは。木村 久美です。

先週より、EU離脱ショックが大きく話題となっています。

株価が1300円も急落し、市場は大混乱に陥りました。

週明けの今日も、どのような相場になるのか分かりませんよね。。

運用をしている方は、この変動に戸惑っているかもしれません。

でも、大丈夫です。ご安心ください。^^

これまでも大きなショックはありました。

たとえば、中国ショック、ITバブルの崩壊、リーマンショック、ギリシャ危機、ユーロ危機、アメリカ国債のデフォルト問題、など。

このような事が起きると、たしかに、一時的に大きく下がります。

でも、こちらでお伝えしているのは、長期投資です。

今、値下がりをしているということは、その分、積み立てしているものを安く買える、ということです。

安く買えると、それだけ利益がでます。

しかし多くの方は、値下がりが怖くなって、運用をやめてしまいます。

それでは、いつまでたっても資産は増えてくれません。

むしろ、マイナスになる、そして「運用はコワイ」という印象だけが残って終わりです。

しかし、長期投資のしくみがきちんと理解できれば、あとはお金が自分で増えていってくれるものです。^^

あなたも、ほったらかしにできる運用を始めてみませんか?

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メットライフ生命のサニーガーデンEXってどんな保険?

こんにちは。木村 久美です。

31歳女性の方より、保険商品についてご質問です。

メットライフ生命のサニーガーデンEXをすすめられました。

説明はきちんと受けていますが、まだよく分かっていなくて、、。

これは、どのような保険で、どういった人に向く保険でしょうか?

 

メットライフ生命のサニーガーデンEXは、外貨建ての終身保険です。

そして、貯蓄性と死亡保障を兼ね備えたものです。

増えた利益を、ご希望に応じたコースで受け取れます。

どういった人に向くかというと、

・定期的に利益を受け取りたい
・外貨を持ち、インフレの対策をしたい
・貯蓄と保険を1つの商品で管理したい
・為替変動により、利益がでない場合があることを理解している

このようなリスクをご理解頂いた上で、貯蓄する方向けの保険商品になります。

この保険は、コースにより、10年ごとに積立利率が変動したり、受取が全て外貨になったりします。

運用はしたいけれど、将来の 利率の変動が不安、外貨は使わないし、、という場合は、もっとシンプルな方法で運用をすることもできます

初めに設定してしまえば、あとはずっとほったらかしで増えてくれる方法ですよ。^^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の学資保険、ホントに必要ですか?

こんにちは。木村 久美です。

「子供が生まれたので、学資保険に入らなきゃ。」という会話を耳にすることがあります。

学資保険は、払い込む保険料より受け取る金額が増えてくれるのが、メリットの1つですよね。^^

一番返戻率が高いもので110%ほどの保険があります。

たとえば、人気のある学資保険に、明治安田生命のつみたて学資があります。

ホームページの試算によると、毎月1万5千円、総額270万円の積立で、15年後に300万円受け取れるようです。

この返戻率、あなたは高いと思いますか?

いま国が進めている物価上昇率は、どれくらいでしょうか。

2%です。

仮に、この2%で積み立てた場合、15年後に315万円になります。

ということは、学資保険の返戻率では、物価上昇に追いつけない、ということになりますよね。

では、教育費を効率良く貯めていくには、どのような方法があるでしょうか?

それは、ジュニアNISAです。

ジュニアNISAで同じように積み立てた場合、6%の運用で、430万円になってくれます。

すべて非課税なので、利益160万円もまるごと受け取ることができますよ。

ジュニアNISAも、一般の投資信託も、運用の考え方は同じです。

その考え方が分かると、老後資金など他の貯蓄にも応用できることにもなります。^^

あなたも、インフレにも対応できるジュニアNISA、はじめてみませんか?

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加