忙しい看護師さんが家計簿をつけずにお金を貯める方法

こんばんは、木村久美です。日勤、早出や夜勤などで忙しくされてる看護師さんは多いと思います。

そんな看護師さんの休日をお伺いしてみると、緊張から解放されることもあり、「がんばっているご褒美に。」とお金を使いすぎてしまう方もいらっしゃるようです。

「将来のために貯蓄しなきゃと思ってはいるけど、つい、、(^.^;)」

という方でも大丈夫。^^

日々のご褒美を楽しみながら、将来のお金もきちんと貯めれるようになりますよ。

ではお金を貯めるために何をすべきか、さっそくご紹介いたしますね。

1.何のための貯蓄なのか、目的を明確にする

お金が貯まらない1番の原因、それは、

目的が曖昧だということです。

将来のため、というのはもちろん目的にはなりますが、将来の「何に」使うお金なのかを明確にするのがポイントです。

たとえば、結婚資金(彼と折半と考えて)150万円、老後資金2000万円、といった感じです。^^

2.毎月いくら積立てればいいか、金額をきちんと把握する

目的が決まったら、達成するために毎月いくら積立てればいいのか逆算します。

たとえば、2000万円を20年間で貯めようと思ったら、

2000万円 ÷ 20年 ÷ 12か月 = 8万円

月に8万の積立てが必要と分かりますね。

金額が分かれば、収入の中からどうやって貯蓄にまわそうか、やりくりを考えるようになります。

しかし、目標金額が大きいと、積立額もそれなりにあります。

「毎月こんなに積立てなきゃいけないのね、、。」

とお感じになるかもしれません。

でもご安心くださいね。

この方法を使って、無理なく、2000万円を貯めた方がいらっしゃいます。

将来の安心を手に入れながら、日々のご褒美もシッカリ楽しむことができますよ。^^