40歳看護師さんが変額年金と投資信託で172万6142円の利益です。

こんにちは、木村久美です。40歳看護師さんの運用事例です。

最初に相談に来られたのは、7年ほど前のことです。

当時は、鬼塚が勤めていた会社の方針で、変額年金をすすめておりました。

元手50万円と月2万円の積立、そして、ボーナス上乗せ10万円で投資をスタート。

これまでの投資総額は627万円です。

それが現在、797万1001円に増えてくれています。

170万1001円の利益です。

ただ、変額年金は、あるデメリットがあります。

手数料がすごく高いということです。

そのため、変額年金の積立は、1年ほど前にストップしました。

代わりに、SBI証券で、投資信託の積立をスタートしています。

その結果、手数料が14分の1以下にまで抑えることができました。^^

なぜ変額年金を解約しなかったのか?

今解約すると、解約控除というペナルティが引かれてしまうからです。

しばらくするとペナルティが引かれなくなるので、そのタイミングで変額年金は見直す予定にしています。

さて、1年ほど前に始めた投資信託は、月5万円の積立です。

これまでの投資総額は75万円です。

それが今、77万5141円に増えてくれています。

2万5141円のプラスです。

変額年金と合わせると、172万6142円の利益です。

今はこのように増えていますが、最初の2年ほどは、ずっとマイナスでした。

米国債ショックやスペイン経済危機などで、株価が下がっていたのです。

しかし、淡々と続けた結果、このように増やすことができています。

なぜ動揺することなく、淡々と続けてこられたのか?

株価が下がった時の対処法をきちんと理解されているからです。

といっても、難しいことをしているわけではありません。

詳しくは、6月23日(土)の福岡セミナーでお伝えしますね。^^

相場や世界情勢を気にせず、どっしり構えて投資が続けられるようになりますよ。

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする