つみたてNISAとイデコの賢い併用法!割合はどうやって決めたらいいですか?

こんばんは、木村久美です。セミナーでよくいただくご質問です。

「つみたてNISAと個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を併用するときの割合は、どうやって決めたらいいですか?」

この2つは、今、大注目の貯蓄法です。

・つみたてNISAは、増えたお金にたいする税金がゼロ円
・個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、所得税と住民税が安くなる

どちらも、税金がおトクになってくれます。

税金が減るということは、それだけ貯蓄が増えてくれるということです。

これは利用しない手はない!と、利用者が急増しているのです。^^

ただ、いざ始めようとした場合、それぞれの割合をどうしたらいいのか、迷われる方は結構いらっしゃいます。その場合は、

何のために貯めるのか?

貯蓄の目的を明確にすることで、答えが見つかりやすくなりますよ。

たとえば、老後の生活費を、メインで貯めていきたいとしましょう。

その場合は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を割合を増やされるといいです。^^

引き出しが60歳以降という制限はありますが、強制的に貯めることができます。

仮に、ご職業が公務員の方で、積立額が月2万円としましょう。

公務員の方の、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の月の上限額は、1万2千円です。

この場合、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を上限額MAXまで使い、

・個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ) 1万2千円
・つみたてNISA 8千円

と配分を決めることができます。

もし、車の買換え費用や、家のリフォーム代など、途中で引き出す可能性が高い場合は、つみたてNISAの割合を増やされるといいです。

・個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ) 5千円
・つみたてNISA 1万5千円

というような感じです。

つみたてNISAは、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のような所得控除はありませんが、使い勝手の良さが魅力です。^^

最初はこのような配分で設定しておいて、あとはライフプランに応じて、カスタマイズされるとよいのではないでしょうか。

積立額は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は年1回、つみたてNISAはいつでも変更できます。

これで、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とつみたてNISA、どちらのメリットも享受することができますね。

あとは効率良く増やす方法さえ分かれば、すんなりスタートできるようになりますよ。^^