個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とNISAを併用したほうがいい理由

こんばんは、木村久美です。今おトクな貯蓄法として、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とNISAが注目されています。

注目されている共通の理由、それは、

運用中にいくらお金が増えても税金がかからない、ということです。

通常は、増えたお金にたいして20%の税金がひかれます。

仮に、運用で100万円の利益が出たとしましょう。

すると20万円もの税金が引かれてしまうわけです。

しかし個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とNISAを使えば、この20万円がまるまる受け取れるようになります。

使う使わないでずいぶんと違ってきますよね。^^

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)とNISAにはこのような共通点があるわけですが、違いもあります。

どんな違いがあるのかを見てみましょう。

● 引き出し制限

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は老後資金用につくられた年金制度です。

老後の生活資金の確保が目的なので、引き出せるのは60歳以降と定められています。

それに対し、NISAはいつでも引き出すことができます。

● 所得控除

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、掛金に応じて、税金が安くなります。

たとえば課税所得が500万円だとしましょう。

月2万円拠出した場合、7万2千円の税金を安くすることができます。

一方、NISAには所得控除はありません。

● 受け取るとき

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、一括で受け取る場合は「退職所得控除」、年金として受け取る場合は「公的年金等控除」を受けることができます。

NISAには、そのような控除はありません。

● 積立額の変更

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は年に1回、積立額を変更することができます。

それに対し、NISAは、いつでも積立額を変更することができます。

回数制限はありません。

いかがですか?

以上をまとめると、

・イデコは引き出し制限はあるものの、税金のおトク度が高い
・NISAは積立額をいつでも変更でき、引き出しも自由自在

とそれぞれ特徴が異なることがわかりますね。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の引き出し制限は、言い換えると、強制的に貯めれると考えることもできます。

「強制的に貯める」

このブログを読んでくださっている方にはお馴染みのキーワードですね。(笑)

この2つを併用すれば、お互いのメリットを享受しながら、効率よく増やすことが可能になります。

イデコとNISAを使いこなす方法はこちらに分かりやすくまとめていますよ。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする