つみたてNISAをスタートする前に立ちはだかる壁

こんばんは、木村久美です。昨年1月から新しくスタートしたつみたてNISA。

いくらお金が増えても税金が1円もかからない、と注目を集めています。

もしつみたてNISAでなければ、増えた分にたいして20%の税金が引かれます。

仮に100万円の利益が出ていると、20万円も税金で持っていかれてしまうということです。

これがつみたてNISAであれば、20万円がまるまる受け取れるわけです。

使う使わないでは全然違ってきますよね。^^

では、つみたてNISAの税金優遇メリットを活かすために、どのように増やしていけばいいのか?

ポイントは、分散投資です。

株式と債券を組み合わせて運用するというものです。

この2つは、一般的に、逆の値動きをするといわれています。

株と債券を組み合わせることで、リスクを和らげながら、着実な資産形成につなげることが可能になるわけです。

ただ、つみたてNISAの商品ラインナップを見ていただくと、あることに気づくと思います。

債券で運用する商品がないということに。

お金を増やすためには分散投資がキホンということでしたよね。

ではどうやって分散投資を行えばいいのでしょうか?

債券を特定口座で買えば大丈夫です。^^

特定口座というのは、普通の口座のことだと思ってください。

増えた分に対してもちろん税金はかかります。

ただ債券は株に比べるとローリスクローリターンの性質だといわれています。

なので、債券をNISAで買えないというのは、それほど気にする必要はありませんよ。^^

これで株と債券で分散投資ができますね。

しかし、いざ始めよう!と思ったときに、ある壁が立ちはだかることがあります。

株と債券をそれぞれどんな比率で買えばいいのか、ということです。

実は、どんな比率にすればいいのかは、人によって違います。

もしその比率がご自身に合っていないとどうなるのか?

お金を増やすどころか、損して途中でやめてしまう可能性もあります。

せっかく増やすために始めるのに、これだと非常にもったいないです(>_<)

でもご安心ください。

あなたに最適な比率がわかる方法が、ちゃんとあります。

それが分かれば、相場に動じることなく、どっしりと運用を続けることができるようになりますよ。^^