親子3人、必要な保険は3000万円といわれました。これって妥当なんですか?

おはようございます、木村久美です。

奥様、お子さまが1人いらっしゃるご主人から、保険料の目安についてご質問をいただきました。

保険代理店の方より、保険種類の説明をうけました。

「医療保険とがん保険、生命保険は3000万ほど降りるように設定されては?」とのことでした。

ど素人なので、これが妥当な保険なのか全然分かりません。

収入の何割を保険にあてたほうがいいとか、加入すべき保険の基準などってありますか?

月の手取りは25万円で、余剰なお金は5万円くらいしかありません。

 

ご家族が不測の状態になった時に、まず公的保障からいくら出るのか、代理店からお話がなかったのではとお見受けします。

まずその部分を押さえて、足りない部分を保険で補っていけば、保険の入り過ぎを防ぐことができます。^^

ご夫婦でトータルして、月1万5千円ほどの保険料に抑えることができますよ。

まず、あなたにとって一番必要な備えは、死亡保障です。

もしあなたが万一お亡くなりになった場合、奥様とお子さんが生活に困らないようにしてあげたいですよね。

その場合、月に13万円ほどの遺族年金が受け取れます。(会社員の場合)

そこから足りない部分を、収入保障保険で補っていくとよいのではないでしょうか?

たばこを吸わなければ、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が、保険料が安いですよ。^^

つぎに、医療保険、がん保険です。

高額療養費制度がありますので、収入によりますが、自己負担は月8万円ほどに抑えられます。

ただ、がんになった時にかかる薬代は、月に数万円することもあります。

一時的に出すお金としては、少なくないですよね。

また、先進医療は保険適用外で、治療によっては数百万円必要になる場合もあります。

そんな時に、がん一時金の給付が毎年受けられる、三大疾病の入院は支払日数無制限、など保障が充実していれば安心ですよね。

そのような条件を満たす保険に、オリックス生命の新キュアというものがあります。

ご夫婦で加入しても、保険料は、1万円ほどです。

保険はあくまでも備えであって、使わなかった時は無駄になってしまいます。

そのため、できるだけ保険料は抑えながら、残りを現金で貯めておけば、どんな出費にも対応できて安心ですね。^^

さらに効率良く貯める方法を知っておけば、教育費も老後も安心ですよ。^^

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加