銀行で住宅ローンを申し込む時に、NISAをすすめられたら?

こんにちは、木村久美です。住宅ローンを申し込む時に、NISA口座をつくりませんか?といわれることがあります。

「住宅ローン金利が、0.03%低くなりますよ~。」

といった感じです。

少しでも金利が下がってくれたら、嬉しいのではないでしょうか。

それに、大きなローンを組むわけですし、将来に向けて、貯蓄を増やしていきたいところですよね。

そんな時に舞い込んでくるNISAの話に、聞きいってしまうかもしれません。

この場合、どれだけ返済額が下がるのでしょうか?

仮に、3000万円を35年借り入れたとしましょう。

金利1.1%のローンを組んだ場合、約18万返済が安くなることになります。

年間にすると、5000円ほど安くなる計算です。

ここで、NISAを申込む前に、チェックしておきたいポイントがあります。

たとえば、商品を買う時にかかる、購入時手数料、というものです。

ある銀行で、NISAのおすすめ商品をみてみました。

すると、購入時手数料は、3.24%と書いてあります。

100万円預けると、最初に、3万2400円引かれるということです。

住宅ローンの返済って、年間で5000円安くなるんでしたよね?

でも、これだと、6年分のメリットがなくなっちゃいますよね(笑)

実は、この購入時手数料は、ネット証券を使うと、ゼロ円だったりするんです。

同じ商品でも、どの金融機関を利用するかで、全然違ってくるわけなんですね。

住宅ローンを返済しながら、NISAで貯蓄を効率良く増やすなら、この方法が近道ですよ。^^

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加