マネーセミナーで、なぜか保険商品をすすめられました

こんばんは、木村久美です。マネーセミナーと聞くと、

「何か売りつけられるんじゃない?」

というイメージをお持ちの方がいらっしゃるようです。ほかにも、

「自分の意思に関係なく、なぜか保険商品をすすめられた。」

という方もいらっしゃいます。

このような経験をしたり、まわりから聞いたりすると、疑心暗鬼になる方もいるようです。

お気持ちはよく分かります。

なぜなら、私も昔、同じ経験をしましたから。^^

ずいぶん昔に、マネーセミナーで変額保険をすすめられ、契約したことがあります。

死亡保障を家族に残す必要がないのに、すすめられたのが「保険」だったのです。

当時は、よく分からないなりに、「これでホントにいいのかな~?」という思いがずっとありました。

しかし知識がついてくると、当然、その保険を選ぶ必要がないことが分かります。

結局、解約しました。元本割れです。^^;

でも、ちゃんと増やせる方法が分かったうえでの行動なので、気になりませんでした。

勉強代と思えばいいかな、と。(笑)

最初に、なぜその商品が良いとすすめてくるのか、いろんな角度から見ることができたなら、おそらく契約することはなかったでしょう。

このような経験があるので、セミナーや個別相談では、どこ寄りでもない、完全中立なお話をしています。

その人にとってどんな保険が必要なのか、資産運用はどのように取り入れたらいいのか、などです。

以前、そのような内容を盛り込んだ、個人事業主の方向けのセミナーを開催し、

セミナーは、わかり易く、通る声ではっきり伝えてくださったので、とても聞きやすかったです。

また、中立の立場の方にお会いする機会が今までなかったので、とても勉強になりましたし、疑心暗鬼にならなくても良かったので、安心感がありました。

と感想をいただきました。

疑心暗鬼の状態では、お金にたいする疑問や不安を解消することはできません。

そうならないために、金融商品のメリットだけでなく、デメリットもきちんとご理解いただき、納得のうえで利用することが大切です。^^

あなたにとって最適な貯蓄法は、こちらで見つけることができますよ。

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする