こどもの大学資金、いくら必要?

こんにちは。木村 久美です。

30代後半のご夫婦より、教育資金についてご質問です。

4歳、2歳、0歳の子どもがおります。

子どもを全員大学まで行かせたいです。

高校までは公立で、大学は私立でもと考えています。

どのくらい貯金していけばいいでしょうか?

貯金は、1500万円ほどあります。

ちなみに、住宅は持ち家で、その他ローンはありません。

 

コツコツと貯めていらっしゃるようですね。^^

私立大学4年間の、1人あたりの費用は、約400万円必要といわれています。

3人のお子様ですので、合計1200万円になりますね。

すでに、1500万円貯蓄があるので、大学費用の備えとしては充分ではないかと思います。

また、もうひとつ考えておくのは、老後資金、になると思います。

将来、「老後難民」にならないためには、約3000万円が必要と言われています。

併せて、家のリフォーム代も計画しておきたいですね。

それと、現在、物価上昇率として2%が目標とされています。

今の資産をそのままにしておくと、将来その価値は目減りしていく、ということになります。

大切な資産の目減りをなくし、お金を増やしていくために、どうしたらよいでしょうか?

その方法の1つに、投資信託があります。

投資信託は、運用のキホンが分かれば、どなたでも始めることができるようになりますよ。^^

着実にお金が貯まっている方の事例を、まずは参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加