医療保険を続けるか、解約するか?

おはようございます、木村 久美です。39歳男性より、10年前に加入した医療保険、がん保険について、ご質問がありました。

妻と2人暮らし、健康体です。

医療保険は、プルデンシャル生命に加入しています。

保険料は、3600円です。

入院日額5000円(120日型)、5日目から支給

追加で、生活習慣病が日額5000円、がん日額10000万円

がん保険は、チューリッヒで、がん一時金100万円です。

見直しをすると保険料があがるので、それは考えていません。

この保険を続けるか、解約するかで迷っています。

貯金は100万円ほどで、でも医療費として貯めているわけではありません。

どう進めていったらいいでしょうか?

 

 

医療費は、高額療養費などの公的保障や、お勤め先の傷病手当などもあります。

そのため、ある程度貯蓄があると、カバーできると思います。

ただ、奥様へのご負担も考え、万一の備えとして、保険に加入されるのはよいのではないでしょうか。

今、入院は短期化してきています。

5日以上の入院しかでないとなると、これから先も、ほとんどもらえない可能性もあります。

それに、歳を重ねるほど、医療費はかかる傾向にあります。

80歳で保障がなくなるよりは、終身のほうが安心しませんか?

それに、保障は厚く、できるだけ保険料は抑えておきたいですね。^^

今加入するなら、オリックス生命の、新キュアがあります。

一生涯保障で3802円です。

保障内容も充実しています。

日帰り入院から保障、入院日額5000円、三大疾病は無制限です。

先進医療特約もついています。

また、がん一時金は、年に1度、75万円が支給されます。

回数無制限のため、再発や転移などがあっても安心ですね。

この保険で、医療とがんが保障されますので、今より保険料は抑えられるのではないでしょうか。

その浮いた分を、積み立てにまわすこともできますね。^^

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加