妊娠前、医療保険に入っておいたほうがいい?

こんにちは。木村 久美です。

29歳の女性より、保険加入についてご相談です。

夫婦共に29歳、これから妊活予定です。

数年前に、保険を検討していましたが、結局入らずのままです。

今は、保険に入ったつもりで、月2千円を貯金しています。

最近、妊娠している友人から、切迫早産、流産、糖尿病などで入院した話を聞きます。

その友人から、保険に入っておいた方がいいと言われます。

現在、会社で社会保険に入っているので、それで賄えたりするものもありますよね?

医療保険は、入っておいた方がいいんでしょうか?

 

おっしゃるように、もし切迫早産などで入院したとしても、高額療養費制度で対応できます。

所得により異なりますが、月に、8万円ほどの自己負担で済みます。

そのため、毎月貯金している2千円で、今、ある程度まとまったお金になっていれば、必ずしも、医療保険は必要ではないかもしれませんね。

ただ、今の若いうちに加入されると、保険料が安くあがる、という考え方もあります。

その中で、今の保険用の貯金と、同じくらいの掛け金の保険もありますよ。

オリックス生命の、新キュアというものです。

医療保障に、さらに、がんも保障します。

先進医療特約、がん一時金がついて、2362円です。

この金額で、一生涯保障してくます。

また、保険料控除が使えますので、税金もその分安くなる、というメリットもあります。

保険は、貯金がある程度できていれば、必ずしも必要ではありません。

しかし、数年前より、保険内容も良くなってきていますので、一度比較されるとよいかもしれませんね。

保険をどのようにするか決めた後は、効率的な貯金についても早めに対策しておきましょう。^^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加