学資保険とジュニアNISAどちらが増える?

おはようございます、木村 久美です。教育資金を貯める方法って、いろいろあると思います。

その中で、今年から始まったジュニアNISAというものがあります。

運用でいくら利益がでても、最長20年!税金がかからない、という制度です。

学資保険とジュニアNISA、どちらが増えるのでしょうか?

さっそく検証してみましょう。^^

まず、利率の良い保険会社の学資保険でみてみますね。

月払い保険料12620円で、18年後の受取額は300万円です。

支払った保険料が273万円で、27万円のプラスになります。

では、ジュニアNISAはどうでしょうか?

月12620円を、6%複利で運用できると、18年後に、483万円になってくれます。

210万円のプラスです。

ジュニアNISAは非課税なので、483万円、まるごと受け取れます

いかがですか?

明らかに、ジュニアNISAのほうが増えてくれますよね。

ただ、どの運用商品でも同じように増えるわけではありません。

ある4つのインデックスファンドを組み合わせればオーケーです。^^

「投資信託がサッパリ分からない!はじめての投資信託「超」キホン講座」

12月3日(土)福岡、12月11日(日)東京で開催します。

セミナーの募集は10月25日にメルマガで開始しますね。

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加