銀行預金と投資信託、それぞれお金をいくらまわせばいいのかが分かりません。

こんにちは、木村久美です。オフ会などでよくいただく質問です。

銀行の窓口ですすめられ、投資信託で貯蓄をしています。

これぐらい入れておこうかな~と、ザックリ決めた金額で積み立てています。

投資信託に、いったいいくらお金をまわせばいいのでしょうか?

貯蓄にまわせるお金は人それぞれ違うわけですから、周りの人に聞くわけにいきませんものね。^^;

そのようなお悩みをお持ちの方は、結構いらっしゃるものです。

でも大丈夫です。

そのお悩みは、カンタンに解消できますよ。^^

まず、

・いつまでに
・何のために
・いくら貯めたいのか

目的を書き出してみましょう。

たとえば、20年後に、老後資金で、2000万円貯めたいとしますね。

6%複利運用ができれば、月4万5千円の積立で、目標達成が可能です。

もし、これまで5万円の積立、ボーナスで10万円の上乗せをしていたとしましょう。

月4万5千円の積立で目標達成できると分かれば、全額を投資に回さなくてよくなります。

つまり、月5千円と、ボーナス10万円は、自由に使えるお金になるのです。

そのお金で新しいお洋服やバッグを買ったり、旅行を楽しむことだってできますね。^^

このように、目標を明確にし、逆算して考えていけば、答えは自然とでてきますよ。

ただ、この試算は、6%複利で運用した場合です。

実は、投資信託によっては、あまり増えてくれないものもあります。

限られた時間のなかで増やしていきたいなら、この方法が効率的ですよ。