投資信託の手数料は要チェック!将来受け取れるお金がこんなに違いますよ。

こんばんは、木村久美です。初心者の方でもムリなくお金を増やせる方法として、投資信託が注目されています。

このブログでもよく登場しているので、いつも読んでくださっている方には、もうお馴染みですよね。^^

投資信託をはじめる時には、

できるだけ手数料がかからない商品を選んでくださいね

とお伝えしています。

ただそうは言っても、手数料の差が、自分のお金にどう影響するのか、いまいちピンとこないかもしれません。

なので今日は具体的にシミュレーションしてみたいと思います。^^

はじめに、投資信託にはどんな手数料があるのかについて、触れておきますね。

・購入時手数料
・信託報酬

主にこの2つです。

信託報酬というのは、投資信託をもっている間にかかる手数料だと思ってください。

ではさっそく、次の2つの商品でシミュレーションしてみましょう。

A.購入時手数料2.16%
  信託報酬  1.512%

B.購入時手数料なし
  信託報酬  0.22%

それぞれ、300万円一括で、投資信託を購入したとします。

6%複利で運用したとしますね。

30年後の受取額は、

A.909万円

B.1618万円

となります。(税金含まず)

Aも増えていますが、Bはもっと増えています。

比べてみるとずいぶん違いますね。

その差は、なんと、700万円以上にもなります!

700万円あったら、何に使いますか?

お家のリフォーム代、旅行資金、そして老後資金にと、何にでも使えますよね。

このように比較してみると、手数料を抑えれば抑えるほど、効率良く増えてくれるのがお分かりいただけると思います。^^

それから、ここで登場した2つの商品ですが、実は、架空のものではありません。

実際に金融機関で販売されているものです。

なので、ご自身で商品を選ばれるさいは、Bの商品、つまり、

・購入時手数料なし
・信託報酬0.2%ほど

を目安に選ぶといいですよ、ということになります。^^

もっと具体的に商品の選び方が知りたい場合は、こちらのまとめが便利です。