41歳自営業の方が投資信託と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で70万25円の利益です。^^

こんばんは、木村久美です。名古屋にお住まいの41歳自営業の方の事例です。

当事務所で、1年ほど前に、投資信託をスタートしました。

初期投資額は2000万円です。

その後、昨年12月に、810万円追加投資をしました。

これまでの投資総額は2810万円です。

それが現在、2880万525円に増えてくれています。

70万525の利益です。

それから個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も始めました。

拠出額は、毎月6万7千円です。

これまでの拠出総額は67万円です。

それが今、66万9500円になっています。

500円のマイナスです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、最初に国民年金基金連合会に手数料を払う必要があります。

そのため、はじめの頃は、あまり増えてくれません。

しかし節税で大活躍してくれます。

最低でも掛け金の15%の税金が安くなります。

たとえば、毎月6万7千円拠出すると、年間80万4千円貯めることができます。

すると、12万6千円も税金がお得になる計算になります。

これが最低の場合です。

所得が高くなるほど、お得になる税金はもっと増えてくれます。

節税を意識されている自営業の方にとって、とても嬉しい制度ですね。^^

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)や投資信託は、基本さえ理解できれば、どなたでも始められるようになります。

今から学んで早めのスタートができれば、来年分から節税&お得な資産運用ができるようになりますよ。

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする