3000万円ほどの資産形成であれば、インデックスファンドで十分ですよ。

こんにちは、木村久美です。老後資金は、一般的に3000万円ほどが必要といわれています。

現金で貯めようと思ったら、月々いくら積立をすればよいと思いますか?

仮に、30歳の方が30年間で貯めるとしましょう。

すると、毎月8万3千円の積立ができれば達成できます。

しかし、住居費や食費、習い事などが毎月かかりますよね。

たまには、ドライブなどのちょっとした旅行も楽しみたいものです。

お子さんがいたら教育資金も必要になります。

そう考えると、老後資金だけでこの金額の積立は難しいかもしれません。

そこで登場するのが、投資信託です。

投資信託のなかでも、インデックスファンド、というものがあります。

インデックスファンドは、初心者向けのファンドです。

そのファンドを使い、3000万円ほどの資産形成が可能です。

金融の世界では、インデックスファンドで長期運用を続けると、6%ほどのリターンが得られると言われています。

すると、月3万ほどの積立で、目標が達成できるようになります。

現金で貯める場合と比べると、5万円以上も浮きますよね。

その5万円で、教育資金や住宅購入資金などに充てることもできます。

ただ、どのインデックスファンドでも同じように増えてくれるわけではありません。

選び方を間違うと、あまり増えてくれません。

といっても、選び方はとってもカンタンです。

ある4つの鉄則を満たした商品を選べばオーケーです。

選ぶべき商品については、コンサルでズバリお伝えしますね。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする