投資初心者です。公務員から民間企業に転職、最近日本株と外国株に100万円ずつ投資を始めました。

こんにちは、木村久美です。預貯金ではなかなかお金が増えてくれない今、資産運用に興味をもつ方が増えています。

その中で、初心者でもはじめやすい方法として、投資信託があります。

本屋に行くと、投資信託の活用本も、たくさん出ています。

今回、ある本を読んで投資信託をスタートしました、という方から、このようなご質問がありました。

最近、公務員から民間企業に転職しました。

公務員の時は年収700万円近くあったこともあり、周りからは猛反対されたんですけど、自分の力を試したかったからなんです。

今、子供が4人います。

この子どもたちに少しでも不自由をさせたくなく、投資信託で増やしたいなと興味を持ち始めました。

そこである本に出会い、ネット証券を使い投資を始めました。

日本株(日経平均株価連動型)のインデックスファンド

外国株(外国株式連動型)のインデックスファンド

に、退職金から100万円ずつ投資をしています。

本当にこの投資でよいのか不安があるんですが、どう思いますか?

 

お子さんのために資産を作っていきたい、という想いで、運用を始められたのですね。

預貯金ではほとんど増えてくれませんし、投資信託でじょうずに増やしていきたいですよね。

インデックスファンドは、信託報酬などのコストを抑えて運用することができます。

コストを抑えた分、効率的に資産を増やしていくことができるので、よい選択だと思います。^^

また、株式連動型の運用は、株価が上がれば、それだけ資産も増えてくれますね。

ただ、株式の運用は、このようなことも考えておかねばなりません。

それは、株価が下がった時のことです。

たとえば、リーマンショックという、株価が大暴落した時がありました。

その時に、株だけで投資をしていた人はいったいどうなったのか?

なんと、資産が半分ほどに減ってしまった人がいます。

もし、2000万円入れていたら、あっという間に、1000万円に減ったわけです。

1000万円も減って、あなたは平気でいられますか?

それで耐えられるのでしたら、今のままでよいと思います。

でも、そうでないなら、資産配分を少し見直しをしたほうが良さそうです。

どういった配分に見直しをすればよいのか?

それは、日本と外国の債券を組み入れる、というものです。

債券は、株式に比べるとリターンが低いのですが、そのぶん、リスクを抑えることもできます。

つまり、債券を組み入れることで、リスクをコントロールすることができるわけです。

なので、リスクにどのくらい耐えられるのか?を基準に、配分を考えられるとよいですよ。^^

新しいお仕事に専念しながら、着実に資産形成していく方法は、こちらが参考になりますよ。

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加