37歳女性会社員がメットライフの変額年金とSBI証券の投資信託で278万3791円の利益です

こんばんは、木村久美です。37歳女性会社員の方の運用事例です。

鬼塚が担当しているお客さまでいらっしゃいます。

最初にお会いしたのは6年前です。

メットライフ生命の変額年金を契約し、スタートなさいました。

なぜ変額年金なのか?

当時、鬼塚が勤務していた会社が、メットライフ生命の変額年金推しだったのです。

月2万円の積立をおこない、ボーナスの時には10万円上乗せをしました。

ときどき預金の一部も追加されました。

これまでの変額年金の投資総額は、517万円です。

それが今、791万2491円に増えてくれています。

274万2491円の利益です。

現在は、変額年金の積立はストップし、証券口座を開設し、投資信託をスタートしました。

投資信託だと、変額年金より、年間コストが2.6%ほど抑えられるからです。

投資信託の投資総額は、223万9322円です。

それが現在、228万622円になってくれています。

4万1300円のプラスです。

変額年金と投資信託を合わせると、278万3791円の利益です。

実は、この6年のあいだ、大きな相場の変動を、何度も経験なさっています。

チャイナショックや、イギリスのEU離脱問題、北朝鮮のミサイル問題などなど。

悪いことがあると、その都度、株価は下落しています。

それなのに、なぜこのように増やすことができているのか?

答えはとてもカンタンです。

こちらに書いてあることをそのまま実践しただけです。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする