投資でマイナスになった時にどう対処すればいいのか?

こんばんは、木村久美です。今年に入って投資をスタートし、運用成績がマイナスになっているという方がいらっしゃいます。

そのような話を聞くと、投資って怖いな、と思われるかもしれません。

ただ、長期で投資を続けるなかで、短期的なマイナスというのは、しょっちゅう起きてます。

昨年は北朝鮮のミサイル問題、一昨年はEU離脱問題、3年前はチャイナショックなどがありました。

しかし、マイナスへの対処法が分かっていれば、ドンと構えて投資を続けることができるようになりますよ。

では、実際の事例をご紹介しますね。

2015年に投資信託をスタートした、自営業の方のケースです。

2015年はチャイナショックの影響でマイナスになっています。

2018年も、株安の影響で、マイナスです。

しかし、トータルで見てみると、

99万8139円の利益です。

このように、資産が増えている方も、途中でマイナスを経験しているわけです。

重要なのは、一喜一憂せずに淡々と続ける、ということです。

では、どうやったら淡々と続けられるようになるのか?

ある4つの鉄則を理解し、実行するだけなので、とてもカンタンです。

あなたもどっしり構えて投資が続けられるようになりますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする