家族4人の保険料のめやす

こんにちは。木村 久美です。

お子さまが2人いらっしゃるご夫婦よりご質問です。

高校生と小学生の子供がいます。

夫婦の収入は、毎月40万円ほどです。

今、生命保険料で月3万円払っています。

生命保険料の平均は、どのくらいなのでしょうか?

 

妥当な保険料は、必要保障がどれくらいなのかによって変わってきます。

私から見てみると、1万5千円くらいに保険料を抑えることができそうです。^^

必要保障を判断するポイントとして、大きく2つあります。

まず、死亡保障です。

ご主人が万一お亡くなりになった場合、国から遺族年金が支給されます。

お子さま2人の場合、月に14万円ほど受け取れます(会社員の場合)。

このお金で不足すると思われる分を、収入保障保険で補うとよいと思います。

たとえば、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命ですと、5000円以内に抑えることが可能です。

非喫煙体だと、さらに保険料が安くなりますよ。

2つ目は、医療保障です。

もし、医療費が高額になったとしても、公的な高額療養費医療制度が使えます。

所得によりますが、約8万円ほどの自己負担で済みます。

そして、大部屋に入院する場合は、日額5000円程度で充分カバーできることがお分かりいただけると思います。

たとえば、保障が充実していて、保険料を抑えた保険に、オリックス生命の新キュアというものがあります。

特に入院が長期化しやすい三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の入院は、支払い無制限です。

また、がん一時金は1年1回、何度でも支給されます。

万一、再発や転移があっても、このような保障があると安心ですよね。

ご夫婦で加入しても、1万以内で抑えられ、終身でご加入いただけます。

そうなると、1万5千円以内に抑えることができそうです。

今の保険より半分も安くすることができますね。

浮いた1万5千円を貯蓄していくと、1年間で18万円貯まります。

健康で過ごせた場合は、保険は全く無駄にもなってしまいます。

しかし現金は、どのような状況でも対応できますよね。

そのため、保険に併せて、現金も貯めていけると、より安心かもしれません。^^

さらに、その現金を効率良く増やしたい場合は、このような方法もありますよ。

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加