保険料のめやすとは?

こんにちは。木村 久美です。今日は保険についてのお話です。

保険料はどのくらい支払っていらっしゃいますか?

実は、保険料を払いすぎている状態の方が、少なくありません。

保険料のめやすは、いったいどれくらいなのか?

ご主人とお子さんが2人いらっしゃる奥さまより、このようなご質問をいただきました。

中学生と小学生の子供がいます。

夫は会社員で、収入は月40万円ほどです。

生命保険で月3万円払っているのですが、これって払い過ぎなのでしょうか?それとも適切なのでしょうか?

今の状態は、払い過ぎなのかもしれません。

というのが、保険料を1万5千円ほどに抑えることが可能だからです。

そのためにチェックすべきは、次の2つです。^^

まず、死亡保障です。

ご主人が万一お亡くなりになった場合、国から遺族年金が支給されます。

お子さま2人の場合、月に14万円ほどが受け取れます(会社員の場合)。

ここから不足すると思われる生活費を、収入保障保険で補います。

たとえば、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命ですと、5000円以内に抑えることが可能です。

非喫煙体だと、さらに保険料が安くなりますよ。

2つめは、医療保障です。

もし、医療費が高額になったとしても、公的制度があります。

高額療養費医療制度です。

所得によりますが、約8万円ほどの自己負担で済みます。

なので、大部屋に入院する場合は、日額5000円程度で充分カバーできることが分かります。

たとえば、オリックス生命の新キュア、という保険があります。

特に入院が長期化しやすい三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の入院は、支払い無制限です。

また、がん一時金は1年に1回、何度でも支給されます。

万一、再発や転移があっても、このような保障があると安心ですよね。

それも終身なので、一生涯、保険料は上がりません。

ご夫婦で加入しても、1万以内で抑えることが可能です。

さきほどの収入保障保険と合わせて、保険料を1万5千円以下に抑えることができるわけです。

今払っている保険料の半分も安くなりますね。

浮いた1万5千円を貯蓄していくと、1年間で18万円貯まります。

10年だと、180万円にもなります。

健康で過ごせた場合は、支払った保険料は無駄になるわけですよね。(これが一番なのですが、、)

しかし現金であれば、医療費だけでなく、お買い物や家族旅行代など、何にでも対応できます。

必要な保障を得ながら、現金も貯めていけると、より安心ではないでしょうか。

将来のために増やしていきたい場合は、こんな方法もありますよ。^^

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする