生命保険に夫婦で月額2万円ほど払っており、正直生活を圧迫しています。

こんばんは、木村久美です。あなたは、保険にいくらお金をかけていますか?

医療保障などの備えがあると、たしかに安心感があると思います。

しかし、保障をつければつけるほど、保険料も上がっていきます。

今回は、お夫婦2人の生命保険料についてご質問がありました。

私34歳、妻29歳です。

死亡保険や医療保険を合わせて、夫婦で月額2万円ほど払っています。

以前入院した時は、確かに助かったのですが、特約もついているからだと思いますが、正直生活を圧迫している状態です。

この保険料はやはり高すぎやしないかと、見直しをしたいと思っています。

夫婦で1万円におさえたいと思ってはいますが、いかがでしょうか?

 

実際に入院し、給付金を受取ったご経験があると、保険のありがたみを感じますよね。

保険料を1万円以内に抑えたいのですね。

公的保障のことが分かってくると、保険料を抑えることが可能ですよ。^^

お子さまがいらっしゃるかどうか分かりませんでしたので、お子さまが1人いるという前提でお話しますね。

万一、ご主人がお亡くなりになった場合、国から遺族年金が受取れます。

会社員の場合、月13万円ほどが振り込まれてきます。

その金額で生活ができるようでしたら、保険に加入する必要はありません。

しかし、足りなければ、その分を収入保障保険で補えば、保険の入り過ぎを防ぐことができますよ。

月15万円保障されるタイプでみてみましょう。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命だと、月3705円になります。(非喫煙体の場合)

また、医療費は、入院など医療費の支払いが多くなった時は、高額療養費医療制度が使えます。

ただ、先進医療は、健康保険の適用外になります。

そのため、先進医療への備えが欲しい場合は、このような保険があります。

オリックス生命の新キュア、という医療保険です。

先進医療を受けた時に、なんと、2000万円まで保障されます。

さらに、がんだけでなく、心疾患や脳血管疾患の入院は、支払日数が無制限で保障されます。

がん一時金も、年に1回受取ることができます。

これだけの保障がついて、ご主人の保険料は、2662円です。

奥さまの保険料は、さらに安く、2362円で済みます。

お二人合わせて、5024円です。

収入保障保険とあわせても8729円と、1万円以内に抑えることができますよ。^^

浮いた1万円は貯蓄をすることができますね。

現金で貯めておければ、どのような場面でも使えるので安心です。

 

 

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加