「持病があっても入れる保険」おすすめの保険とは?

こんにちは。木村 久美です。

持病のある方は、日頃から医療費がかかりますね。

そのため、医療保険に入っておいたほうが備えになるのかな、、と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

持病があり、定期的に通院をしています。

今は、日常で特に支障はないです。

しかし、将来、子どもに金銭面など迷惑をかけないか、など不安です。

それとは別に、がん保険も気になっていますが、入っておいたほうがよいのでしょうか?

 

普段医療費がかかっているため、将来さらに医療費がかさむのでは、と不安になりますよね。

持病があっても入りやすい保険に、引受基準緩和型、というものがあります。

しかし、その保険料は、持病のない方と比べ、割高です。

その中で、保険料が比較的安いものとしては、

オリックス生命 新キュア・サポート

があります。

3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)の入院は、日数無制限で保障されます。

さらに、がん一時金特約がつけれますので、医療とがんが一緒に保障される保険です。

ここで、保険料について確認してみましょう。

入院日額5000円で、保険料は、40歳だと3506円、50歳で4386円です。

この保険料は、健康体の方が加入する保険と比較すると、約1.7倍となります。

仮に、この金額を90歳まで支払うとしましょう。

その総額は、210万円もの金額になります。

入院しなければ、全くムダになってしまいますよね。

もし入院したとしても、420日入院しないと元が取れない計算になります。

それに対して、現金で貯めておけば、入院などの医療費にも、お子さまにも現金として渡すこともできますね。

お金をムダにせず、効率良く増やしていく方法は、こちらが参考になりますよ。^^

 

鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(対面、スカイプ、電話)
お金が貯まった事例
テレビ出演実績 ・雑誌、新聞掲載実績

会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加