掛け捨ての保険を選んだほうがお金が増えてくれる理由

こんにちは、木村久美です。オフ会などで、貯蓄型の保険についてどう思いますか?と聞かれることがあります。

貯蓄型保険は、お金を貯める機能に、死亡保障もついているので、管理がラクそうですよね。^^

しかし、お金が貯まっている人は、貯蓄型ではなく、掛け捨ての保険に入っているケースが多いです。

掛け捨てで保険料を抑えることができれば、貯蓄にまわすことができるからです。

また、貯蓄型保険には、あるリスクが潜んでいるのをご存じでしょうか。

保険会社の破たんリスクです。

過去に破たんした保険会社といえば、大和生命があります。

2008年のリーマンショックのときに破たんしました。

その後ジブラルタ生命が引き継いでいます。

ところが、この時に保険金の削減がおこなわれたのです。

貯蓄型の保険金は、最大で43%も削減されてしまいました。

もし1000万円が受け取れる保険に加入していたとしたら、570万円しか戻ってこないわけです。

にも関わらず、保険料はこれまでと同じ金額を支払わなければなりません。

その時に掛け捨ての保険はどうだったのかというと、、

削減されたのはごく一部で、たったの3%だったのです。

つまり、掛け捨ての保険は破たんリスクが非常に低いことが分かりますね。

では掛け捨ての保険をどのように選べばいいのか?

こちらにまとめた記事が参考になりますよ。^^

株式会社 鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402

コンサルティング(対面、電話、ZOOM、スカイプ)
お金が貯まった事例
雑誌掲載実績


会社員、公務員、個人事業主、自営業、専従者、専業主婦、パート主婦、シングルマザー、育児休業中の方などから、コンサルティングのご依頼を頂いております。

銀行や郵便局の預金・貯金、投資信託、個人型確定拠出年金・企業型確定拠出年金、ニーサ・ジュニアNISAなど、ファイナンシャルプランナーによるセミナーや個別相談。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする